検索

キーワード


コーダーとはどういう仕事?求められる6つのスキルやキャリアアップについて

  • 公開日:2021-08-31 19:22:52
  • 最終更新日:2021-09-02 12:42:16
コーダーとはどういう仕事?求められる6つのスキルやキャリアアップについて

コーダーとは?

パソコン

コーダーとは、HTMLやCSS言語を使って、WEBデザイナーが設計したWebサイトをインターネット上でホームページとしてコーディングする職種を指します。


また、JavaScript言語などを使って、さらに詳細なデザインに設計する場合もあり、この職種は、コーダーの上位の作業として、フロントエンジニアと区別して言う場合もあります。


この記事では、一般的なWEBコーディング作業を意味する、コーダーについて、作業内容、年収、キャリアアップの方法を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

プログラマーとはどう違う?

一般的に、プログラムを作成する人をプログラマーと呼びます。また、プログラムのソースを記述する作業はコーディングと呼ばれています。


同様に、WEBプログラムを作成する場合でも、言語のHTMLやCSS、JavaScriptを駆使して、WEBサイトのソースを作成することは、コーディングと呼ばれる作業です。呼び方の違いは、WEBプログラムを作成する作業者をコーダーと呼ぶ場合があるということだけです。


WEBコーダー・HTMLコーダー・コーディング担当者というように、WEBサイト関連の作成者はコーダーと呼ばれることが多くあります。コーダーが作成したWEBサイトのプログラムは、PCやスマホのブラウザに表示させ、動作させて完成となります。

フロントエンドエンジニアと違う点は?

前述のように、コーダーの上位作業を行う人をフロントエンドエンジニアという場合もあります。フロントエンドエンジニアの作業は、コーダーのHTML・CSSでの作業に加えてJavaScript言語とフレームワークを使ったフロントエンド開発関連がメインになるでしょう。

コーダーの仕事内容について

パソコンを使う人

このように、広い意味でのコーダーの仕事内容は、HTMLとCSS言語、JavaScript言語やJavaScript言語のフレームワークを使った作業の全てを言う場合が多いです。


フロントエンドエンジニアという場合は、コーダーの上位作業であるJavaScript言語やフレームワークを使った作業を行う人と理解すると良いでしょう。

コーダーに求められる知識や技術6つ

パソコン

WEBサイト設計において、コーダーに求められるスキルをまとめました。基本としては、HTML言語とCSSが不可欠なスキルです。さらに、文面をSEOに対応させる場合は、その知識が必要になるでしょう。


また、操作上のUI(ユーザーインターフェース)と、UX(ユーザーエクスペリエンス)の知識や、CMS(Contents Management System)、PHPやJavaScriptの言語も、広い意味でコーダーに必要なスキルと言えるでしょう。

1:HTMLやCSSの知識

WEBデザイナーが設計したデザインや仕様を基に、コーダーが、HTML、CSS、JavaScriptを駆使して、ブラウザ動作ができるようにWEBコーディングを実施します。特に、HTML、CSS言語の知識は重要です。


作業現場によっては、フロントエンドエンジニアが対応している場合もあるようです。その場合は、HTMLやCSSの知識に加えて、JavaScriptを多用したWEBコーディングを実施します。

2:SEOの知識

WEBコンテンツでは、検索順位を良く最適化させるためSEOの知識が必要です。SEOを使って、HTMLコーディングする必要があります。つまり、見栄えを良くするWEBデザインを意識するだけではなく、検索エンジンの特性を理解した施策を入れることです。


具体的には、タグの設定や、内部リンク構造を示す、パンくずの設置(閲覧ページがサイトのどこにあるか階層構造で示したもの)、ナビゲーション(サイトに設置された案内用のリンク)などを付加したWEBコーディングにすることです。

3:UI・UXの知識

ユーザーが使いやすいプログラムはUI・UXを考慮したものです。UIとは、ユーザーインターフェイスの事で、UXとは、ユーザーエクスペリエンスを指します。WEBサイトを作るためにも、UI・UXの知識は重要と言えます。


コーダーの職種でも、使いやすいものにするために、UI・UXを考慮したWEBサイトにする必要があるでしょう。

4:CMSやPHPの知識

CMS(コンテンツ管理システム)とは、WEBサイトを簡単に作れるシステムです。HTML言語で一から作成する必要はありません。世界的に有名なCMSは、WordPress(ワードプレス)です。WordPressは国内の企業でも広く普及しているCMSです。


また、WordPressは、PHPという汎用スクリプト言語で構成されているため、PHPの基本知識が分かればWordPressのカスタマイズも行えます。このように、PHPの知識とCMSの使用方法を身につけることが、コーダーの作業の基本と言えるでしょう。

5:JavaScriptの知識

最近は動的なWEBコンテンツが求められています。動的なアニメーションのような埋め込み技術は、JavaScriptと呼ばれるスクリプト言語でできています。


JavaScriptは、最近はフロントエンドエンジニアが担当する作業です。しかし、コーダーの職種でも、使いやすいJavaScriptのフレームワークやライブラリを活用することで、これが可能になります。


jQueryは、コーダーでも使えるJavaScriptのライブラリです。このように、動的なWEBサイトを作成する場合には、HTMLやCSSの知識の他に、JavaScriptも必要な知識と言えます。

6:コーディング技術

コーダーとして、HTMLとCSSの知識が必要であると説明してきましたが、HTMLとCSSの言語も進歩してきています。近年、HTML5とCSS3が主流でしたが、2021年現在、HTML5はWHATWGという団体が策定した「HTML Living Standard」に移行していると言えるでしょう。


つまり、新旧のWebサイトの改善を含んだコーディングを行う場合、日々進歩しているHTMLとCSSの新旧のバージョンをよく理解したコーディング技術が必要だということです。

コーダーの年収について

お金

コーダーの平均年収額は正社員の場合、350万円前後と言われています。現在、コーダーは、コーディングのみでの採用は稀で、デザイナーとの兼任か、フロントエンドエンジニアの分担まで行うものが多くなっている傾向です。


コーダーの職種は、範囲が広く、比較的初心者でも採用されやすいため、年収としては一般のプログラマーよりやや低い状況があると言えます。また、派遣社員やアルバイトの場合のコーダーは、さらに低い年収となるでしょう。

コーダーになるための方法

パソコンを使う人

コーダーの職種に就くためには、コーディング手法を、WEBサイト作成ツールや、WEB言語の学習動画サイトなどで、独学することも可能です。また、フリーランスでWEBコーダーの仕事を行いながら、知識を得ることも可能です。


ここでは、専門スクールに通う場合と、各種ツールや参考書を使って、独学でコーダーになる方法を紹介します。

専門のスクールに通って学ぶ

コーダーになりたい場合、専門スクールに通って学ぶ方法は授業料はかかりますが、短い時間に効率的で確実に知識と作業スキルが学べるためおすすめと言えます。また、就職先も有利に見つけやすくなることが多いでしょう。

参考書などで独学で学ぶ

市販の参考書を使って、HTMLとCSSを学ぶ方法も可能です。自分の好きな時間に学習可能なことがメリットです。


参考書の内容理解には、並行して自分でWEBサイトを構築してみると良いでしょう。レンタルサーバーやドメインの設定が必要になりますが、実際のWEBサイトの構築・運用をHTMLとCSSを実践して学べるため理解が深まるでしょう。


さらに動画で学ぶ方法や、他にも各社セミナーで学ぶ方法もあります。

コーダーの需要とキャリアアップ

書類

最近、コーダーの職種は業務内容が広範囲になってきていると言えます。それは、WEBデザイナーの業務内容部分と、フロントエンジニアの業務内容部分も含む場合があるからです。


HTMLとCSSだけのコーディング業務ではスキルが不足してきています。これらにキャリアアップを考えると、収入も自然に増えていくことになるでしょう。

WEBデザイナーへのキャリアアップ

規模が小さいWEBサイトの制作では、WEBデザイナー自身もコーディング作業を兼任する場合があります。そのため、コーダーのスキルにWEBデザインを加えることで、キャリアアップした業務の受注が可能になります。


さらに、コーディングが可能なWEBデザイナーとして、転身も可能になり、収入も増えることになるでしょう。

フロントエンドエンジニアへのキャリアアップ

コーダーとして、比較的簡単にキャリアアップ可能な職種は、フロントエンドエンジニアです。フロントエンドエンジニアはコーダーの上位職種のため、狭い意味のコーダーの実務にフロントエンドエンジニアの実務を上乗せしやすくなっています。


そのため、JavaScriptのスキルを学ぶと良いでしょう。最近ではReact.js、Vue.jsといったフレームワークを利用した開発も普及し始めているため、これらのフレームワークの操作のスキルを身に付けることをおすすめします。

コーダーとはどういう仕事か理解を深めよう

ミーティング

このように、コーダーとは、WEBサイトの制作に必要不可欠なコーディングというスキルを必要とする仕事です。そして、HTMLやCSSのコーディングが基本の必須のスキルです。


さらに、WEBデザインを身につけるとWEBデザイナーに、JavaScriptのスキルやフレームワークのReact.js、Vue.jsを身につけるとフロントエンドエンジニアに、それぞれキャリアアップすることが可能になります。そのためにも広い意味のコーダーの知識を身につけると良いでしょう。


【著者】

【記事監修】山崎裕(東京ITカレッジ講師)

東京ITカレッジで講師をしています。

Works ではみなさまのお役に立つ情報を発信しています。

Java 大好き、どちらかというと Web アプリケーションよりもクライアントアプリケーションを好みます。
でも、コンテナ化は好きです。