検索

キーワード


Webマーケターの仕事内容とは?年収や求められるスキルを解説

  • 公開日:2021-08-31 19:22:52
  • 最終更新日:2021-09-02 12:29:41
Webマーケターの仕事内容とは?年収や求められるスキルを解説

Webマーケターとは?

データ書類

エンジニア職に転職や就職を検討している人は、就職先を探していく活動の際、Webマーケターという言葉を耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。


WebマーケターとはSNSやWebサイト、スマートフォンなどを用いてマーケティングに必要となる市場調査を行う仕事です。Webを活用して得た市場調査データは企業が経営戦略を立案する際の指針となるため、Webマーケターは大きな役割を担っています。

Webマーケターの需要について

案内接客

ここでは、Webマーケターという職業の需要の度合いについて述べていきます。


Web上で行うことのできる広告や宣伝活動が増えてきており、競合している他社に打ち勝っていくためにもWebマーケターが持っている知識や豊富な経験が求人市場で高く評価されています。


そのため、Webマーケターの職業は求人市場でのニーズが高くなっている傾向です。

Webマーケターにおける6つの仕事内容

パソコンを使う人

続いて、Webマーケターとして働く際に行うことになる仕事内容について紹介していきます。


Webマーケターの仕事はWebを活用して顧客のニーズを掴むことのできる広告を打ち、多くの顧客を集客していくことを生業としています。自社サイトのSEO対策を行ったり、多くの人に受け入れてもらえるコンテンツの企画の立案などもWebマーケターの仕事です。

1:広告を活用して集客を行う

Webマーケターの仕事内容に広告を活用して集客を行うことが挙げられます。


Webマーケターはリスティング広告などを活用し、自社商品を多くの人に知ってもらう活動を行っていきます。


リスティング広告はWeb検索サイトの検索結果に連動させ、広告を表示させていけるシステムです。Webマーケターがマーケティングデータに基づきキーワードを設定していけるため、多くの顧客を集客していくことができています。

2:SEO対策をする

Webマーケターの仕事内容にSEO対策を講じていくことが挙げられます。


SEOの最適化を行わないと自社サイトへ多くの顧客を誘導することが難しくなります。


Webマーケターがターゲット層となる顧客の行動や思考を想定して検索される検索語句を洗い流し、検索サイトの上位に位置するようにキーワードを自社サイトで用いるようにすればSEOの最適化がなされ、多くの顧客を集客していけるようになるでしょう。

3:使いやすい設計を考える

Webマーケターの仕事では顧客が使いやすいサイト設計を行うことも大切です。


顧客が自社サイトなどに訪れた際、最初に表示されるランディングページが使いづらいと多くの申し込みや問い合わせを受けることが難しくなってしまいます。


そのため、Webマーケターは商品を周知させるためのキャッチコピーを考案したり、ランディングページのレイアウトを改善したりして、顧客が扱いやすいサイト設計を行います。

4:コンテンツを企画する

Webマーケターの仕事内容に自社商品に関するコンテンツを企画することも挙げられます。


多くの人に自社の商品やサービスを知ってもらうため、動画サイトやSNSで発信していけるコンテンツを企画し、マーケティングに役立ていきます。


商品のターゲット層としている顧客の年齢や嗜好、成し遂げたいことなどを考察し、コンテンツを企画していかなくてはならないため、顧客のニーズを把握しておく必要があるでしょう。

5:Webサイトの改善をする

Webマーケターの仕事内容にWebサイトの改善を行っていくことも挙げられます。


自社で運営しているWebサイトのコンバージョン数を増やすための施策を講じていかないと、商品の売り上げを向上させたり、商品自体を多くの人に認知させていくことが難しくなるでしょう。


Webマーケターとして仕事をする人は、実行してきた施策の効果測定を行ったり、アクセス解析ツールなどを使い、顧客の動向を把握します。

6:セールスライティングを行う

Webマーケターの仕事内容にセールスライティングを行うことも挙げられます。


自社商品を紹介していくための、セールスライティングを考えていくこともWebマーケターの仕事です。コンテンツ内で商品を紹介するためのキャッチフレーズを考案したり、インターネット広告の出稿に用いられる紹介文などもWebマーケターの仕事となります。

Webマーケターに求められる7つのスキル

ミーティング

続いて、Webマーケターとして働いていく際に求められるいくつかのスキルについて紹介していきます。


Webマーケターという職業はWebを活用していく仕事でもあるため、パソコンを扱いながら情報を収集する知識が求められます。また、企業の経営層にマーケティングの提案をしなければならない場面が多くなるため、高いコミュニケーションスキルが必要となるでしょう。

1:コミュニケーションスキル

Webマーケターに求められるスキルの1つ目にコミュニケーションスキルが挙げられます。


Webマーケターの仕事は社内の他部署の人やクライアントとの意見のやり取りをしていかなくてはならないため、相手に考えていることを上手く伝えるための技術も求められます。また、相手の意向や要望を理解し、他人の立場に立って発言していく能力も必要となるでしょう。

2:マネジメントスキル

Webマーケターに求められるスキルの2つ目にマネジメントスキルが挙げられます。


Webマーケターは多くの人を使ってマーケティング施策を行うこともあり、マーケティング業務に携わるチームメンバーの個々の力量や能力を把握して実現可能な企画を実行していかねばならないため、他の社員をマネジメントするスキルも求められます。

3:ユーザーの心理を理解する力

Webマーケターに求められるスキルの3つ目にユーザーの心理を理解していく力が挙げられます。


ユーザーの心理を理解することができないと効果的なマーケティング施策を講じていくことが難しくなります。


顧客のニーズを新しい商品に取り入れていくためにも、市場調査や施策を実施して収集したデータを解析し、ユーザーがなし得たいことを理解していく必要があるでしょう。

4:論理的思考力

Webマーケターに求められるスキルの4つ目に論理的思考力が挙げられます。


Webマーケターとして仕事をしていくためには物事を論理的に組み立てて考えていくことができないとデータ分析の結果を活かした施策を打ち出すことができなかったり、目標を達成するために必要となる事柄を理解し、取り入れながら仕事を進めていくことが難しくなるでしょう。


そのため、Webマーケターにはロジカルに物事を考えていく能力が求められます。

5:Webサイトを構築するスキル

Webマーケターに求められるスキルの5つ目にWebサイトを構築していくためのスキルが挙げられます。


多くの人を集客していくには顧客が扱いやすいWebサイトの制作や改善を行う必要があることから、Webマーケターとして仕事をしていくためにはWebサイトを構築するスキルが求められます。


具体的にはHTMLやCSSといった言語やセキュリティ、デザインしていくための知識が必要となるでしょう。

6:情報を収集し分析するスキル

Webマーケターに求められるスキルの6つ目に情報を収集して分析していくスキルが挙げられます。


Webツールを用いて収集した市場調査の結果を分析する能力を持っていれば顧客の細かな要望を掴むことができ、商品に求められていることを知ることができます。


また、商品に対する詳細な意見を掴むためにも、ユーザーインタビューなどを実施し、Webとは異なる情報収集の仕方を確立しておく必要があるでしょう。

7:パソコンを活用するスキル

Webマーケターの仕事内容の7つ目にパソコンを活用していけるスキルを備えておくことが挙げられます。


Webマーケターの仕事はインターネットを活用していく作業が多くなるため、表計算やワープロ、プレゼンテーションしていくためのアプリケーションソフトを扱えるようにしておきましょう。


人工知能を備えたソフトウェアが多くなっているため、AIの知識やITに関連した周辺機器についても熟知しておく必要があるでしょう。

Webマーケターの年収について

給料袋

ここでは、Webマーケターとして働く場合に受け取ることのできる年収について紹介していきます。


経済産業省の「我が国におけるIT人材の動向」という統計によると、IT企業で働いた際のWebマーケターなどのITコンサルタント業の年収は30歳の時点で1,150万円となっています。


また、6〜9年ほどWebマーケターとしての実績を積んでいくことができれば1,200万円から1,500万円ほどの年収をもらうことも可能です。


出典:DXを担うIT人材の給与水準|経済産業省
参照:https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_jinzai/pdf/001_s01_00.pdf

Webマーケターにおすすめの3つの勉強方法

メモを取る人

続いて、Webマーケターとして働くために必要な能力を養うための勉強方法について紹介していきます。


Webマーケターとして働く場合も他の職業と同様に本やIT関連のスクールに通い、Webでマーケティングを行っていくための能力を養うようにします。


他の職業での実務経験があれば、社会人としてマナーやコミュニケーション能力を会得していることでもあるため、それらの経験をマーケターの仕事に活かすこともできます。

1:本で勉強する

Webマーケターに必要となる能力を養うための勉強方法に本で学習する方法があります。


検索エンジンでWebマーケティングというワードで調べると、Webマーケターを目指すためにおすすめの書籍を知ることができます。それらの書籍を参考にして独学で学習していくことで、Webマーケターに必要なスキルを身につけることができるでしょう。

2:スクールに通う

Webマーケターに必要となる能力を養うための勉強方法にスクールに通う方法があります。


パソコンスクールに通い、パソコンで扱うことのできる表計算やワープロ、プレゼンテーションなどのアプリケーションソフトを学ぶようにしたり、ビジネスに関する知識を養うことのできるスクールに通い、マーケターに必要となる基礎的な能力を身に付けることもできます。

3:資格を取得する

Webマーケターに必要となる能力を養うための勉強方法に資格を取得していく方法があります。


プログラマーやエンジニアからもWebマーケターを目指すことができます。


Webマーケターは技術職の人と一緒に仕事をする機会が多いため、プログラミングやネットワークに関する資格を取得しておけば、エンジニア職の人と信頼関係を構築しやすくなり仕事をスムーズに進めていくことができるようになるでしょう。

Webマーケターへの転職を検討しよう

聞き取ろうとしている人

Webマーケターの仕事内容や求められるスキル、マーケターに必要なスキルを養うための方法などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


Webマーケターは顧客の需要やニーズを理解していく必要があるため、収集したデータの分析
力やWebを活用していくスキルなども求められます。また、信憑性のあるデータを抽出するためにはWeb以外で情報を集めていく方法も確立しておく必要もあります。


【著者】

【記事監修】山崎裕(東京ITカレッジ講師)

東京ITカレッジで講師をしています。

Works ではみなさまのお役に立つ情報を発信しています。

Java 大好き、どちらかというと Web アプリケーションよりもクライアントアプリケーションを好みます。
でも、コンテナ化は好きです。