検索

キーワード


【Slack初心者の方編】Slackに機能を追加して効率up! おすすめアプリをご紹介!

  • 公開日:2021-06-11 15:55:56
  • 最終更新日:2021-06-11 16:24:57
【Slack初心者の方編】Slackに機能を追加して効率up!	おすすめアプリをご紹介!

Slackアイコン

アプリの連携

Slackにはコミュニケーションツールとして様々な機能が実装されています。

チーム内のメンバー又はグループとのメッセージや通話、ファイル共有、1対1のやり取り、音声・ビデオ通話など無料のプランで利用することができます。

しかし、無料プランではファイルのストレージに制限があったり、ビデオ通話で画面の共有ができないなどいくつか不足している点があります。

Slackの料金プランと機能の比較

他のアプリでは無料の機能がSlackでは有料になっており、Slackを有料プランに切り替えたくないと考える方も少なくないと思います。

Slackでは2,000以上外部アプリと連携することができ、様々な機能を追加することができます。

連携できるアプリにはTwitterやGoogleドライブ、Dropbox、Zoom、GitHubなど様々な種類のアプリが用意されています。

また、仕事関係のアプリだけでなく、連携できるアプリのカテゴリには趣味や旅行、デザイン、音楽など様々なユーザーのニーズあったアプリが提供されています。

この記事ではSlackにアプリを連携する方法とオススメのアプリを紹介します。


ワークスペースにアプリを連携する

Slackのワークスペースにアプリを連携する場合、SlackのApp directoryからアプリをインストールすることで機能を追加することができ、ワークスペースのメンバー全員がすぐに使えるようになります。

Slack App directoryのイメージ

Slackのを無料プランで利用しているワークスペースは最大10個までアプリをインストールすることができます。

もしアプリの数が上限に達した場合、インストール済みのアプリをアンインストールすることで新しいアプリを追加することができます。

一方、Slackの有料プランを利用している方はインストールできるアプリの数は無制限となっています。 


アプリのインストール方法

アプリのインストールは以下の手順で行うことができます。

1. 画面左のサイドバーにある「App」をクリックします。

このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると一覧の中 に「App」があります

アプリのインストール方法①


2. Appの画面に切り替わります。

Slackがオススメのアプリをいくつか表示しており、このページから追加することができます。

追加」をクリックするとアプリのインストール画面に自動で移動します。

App ディレクトリ」をクリックすると「Slack App directory」に切り替わり、アプリの検索ページに移動することができます。

アプリのインストール方法②


3. 表示されるメッセージに従って、アプリをインストールすることで連携は完了です。 

サイドバーのApp一覧に追加したアプリが表示されます。

アプリのインストール方法③


オススメの連携アプリ

これまではアプリのインストール方法を紹介してきました。

無料プランを利用している方は連携できるアプリは10個までと制限があるため、アプリ選びも重要になってきます。

Slackと連携すると役立つオススメのアプリをいくつかご紹介します!


1.アンケート関連

業務やイベントなどの行事のスケジュール調整や業務改善のための意見を募るために、Slackにアンケート機能があるととても便利になります。


〇Polly

スラッシュコマンドを入力するだけで簡単にアンケートを取ることができます。

デザインの良さや回答結果をリアルタイムでグラフ化できるなど、一目でわかりやすいアプリです。


〇SimplePoll

SimplePollは簡単なアンケートを手軽に作成できます。

シンプルなデザインほとんどの機能が無料のため、単純なアンケートであれば不便なく利用できます。


〇SurveyMonkey

1,600以上の質問項目が用意されており、その中から自由にカスタマイズしてアンケートを作成できます。

アンケート結果をデータ管理できるため、大人数に向けたアンケートに最適です。


-関連記事

Slack連携アプリ:アンケート編 日程調整やデータ収集に大活躍!


2.ファイル管理関連

Slackを無料プランで利用しているワークスペースでは、ファイルストレージがワークスペース全体で5Gまでとなっています。

アプリを連携することで使えるファイルストレージ容量を増やすことができます。


〇Google Drive

無料プランで15GBのストレージ容量が利用できます。

複数のデバイスからアクセスできる。

オフラインでもドライブ内で直接データの作成や編集ができる。


〇Dropboxの概要

無料プランで2GBのストレージ容量が利用できます。

あらゆる形式のファイルをクラウド上に保存することができます。

ファイルの編集・削除を行ってもファイルの復元が可能


3.タスク管理・スケジュール管理関連

Slackで大規模なプロジェクト管理、企画の運営、スケジュール管理などを行う場合、Slackだけの機能では難しくなります。

タスク管理・スケジュール管理のアプリを連携することで、外部アプリに切り替える必要がなくなり業務の効率化を図ることができます。


〇Googleカレンダー

個人のスケジュール管理だけでなく、チームや部署と共有することができます。

細かい時間設定が可能です。

決まったスケジュールは自動で繰り返し通話する機能があります。

スケジュール詳細にファイルを添付できます。


〇Trello

業務を付箋形式でタスク管理ができるため操作が簡単にでき、タスクの進捗状況が視覚的にもわかりやすい。

新しいタスクの追加や付箋が移動したときに通知を受け取ることができます。

タスクごとに期限を設定することができるため、リマインダーとしても機能します。


〇Asana

業務をボード形式でタスク管理ができ、タスク全体の進捗状況が把握しやすい。

100以上のアプリとの連携ができる

新しいタスクの追加、完了などに通知を受け取ることができます

Slack上からタスクに完了マークをつけたり、担当者や期日の変更が可能です。


4.通話・画面共有関連

Slackでは通話・ビデオ通話ができます。

しかし、Slackの無料プランでは通話が一対一のみであったり、ビデオ通話での画面共有ができないという制限があります。

そのため、外部アプリと連携することで複数のメンバーと通話や画面共有が可能になり、より便利に利用することができます。


〇Skype

Skypeユーザー同士の場合、無料で音声通話やメッセージの送信を利用できます。

音声通話だけでなくグループでのビデオ通話、画面共有にも対応しています。

Slackと連携することでスラッシュコマンドでSkype通話を始めることができるようになります。

Slackを使用していないユーザーと通話できるようになります。


〇Zoom

パソコンやスマートフォンからテレビ会議をすることができます。

SlackからZoomミーティングの開始や、ミーティング開始のスケジュールを作成することができます。

ミーティングの録画機能があり、参加できなかったメンバーに共有することができます。


〇Microsoft Teams

通話やビデオ会議だけでなく、メンバーとチャットをする機能やファイルを共有する機能があります。

Slackを連携させることでSlackに参加しているメンバーを選択し、Web会議を開始することができます。


5.開発者向けアプリ関連

Slackに開発ツールを連携させることで、ビルドやエラーなどの情報をリアルタイムに共有、対応することが可能になります。

プロジェクトに関する情報を共有する手間や、多くの作業を効率化に繋がります。


〇Github

エンジニア各々が公開用のプログラムをアップして自分以外のエンジニアに共有することができるソースコード管理ツールです。

オンラインだけでなく、オフラインでも利用することができます。

個人だけでなく、複数のメンバーと同時に開発することができ、他のメンバーのコードを簡単に取り入れることができます。

オープンコードコミュニティがあるため、最先端の情報を手に入れることができる。


〇JIRA

ソフトウェア開発にチームでタスクを管理できるプロジェクト管理ツールです。

プロジェクト管理の他にバグ追跡や課題管理に利用することができます。

フリープランでは最大10名まで使用することができ、小規模でタスクの少ないプロジェクト向きです。

ファイルストレージは2Gまでです(無料プラン)。


まとめ

この記事ではSlackにアプリを連携する方法とオススメのアプリを紹介しました。

Slackに実装された機能だけでも、会社のコミュニケーションツールとして充実快適に利用することができます。

しかし、無料プランでSlackを利用していると、いくつか不足している機能が出てくるはずです。

Slackにアプリを連携することで、欲しかった機能や不足している機能を他のアプリが補ってくれます。

様々なアプリを見つけ、自分たちだけの快適なワークスペースにカスタマイズしましょう!


-関連記事

【Slack初心者の方編】ワークスペース作成から招待、参加までの流れを解説!

【Slack初心者の方編】Slackのチャンネルとは? チャンネルの特徴と作成手順を解説!

【Slack初心者の方編】Slackでメッセージを送信しよう!メンション、スレッド、リマインダーも解説します!

超便利機能! Slackのスラッシュコマンドの一覧を紹介 オススメ5選とその使い方



【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。