検索

キーワード


コロナによる経済影響を受けていない業界とは?影響を受けていない業界への転職は可能?

  • 公開日:2021-04-25 14:49:58
  • 最終更新日:2021-04-25 14:49:55
コロナによる経済影響を受けていない業界とは?影響を受けていない業界への転職は可能?

コロナによる影響で給料が減少したり、会社の将来に対して不安を抱いている方は多いと思います。そのような悩み・不安から転職を考えている方は多いですが、「コロナによる影響を受けていない業界はあるのかな?」と悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事ではコロナによる影響を受けていない業界について解説します。コロナの影響を受けている業界や、転職を成功させるポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

コロナによる影響をあまり受けていない業界

コロナによる影響をあまり受けていない業界

さまざまな業界で「コロナショック」と言われるほど経済的な影響を受けていますが、中にはあまりコロナによる影響を受けていない業界があります。
影響を受けていないだけではなく、コロナをきっかけに成長した業界・企業も存在します。コロナによる影響をあまり受けていない業界を3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

IT業界

はじめにコロナによる経済的影響をあまり受けていない業界は、IT業界です。
IT業界とは、日本語で「情報通信産業」と言われていて、インターネットを通じて何かのサービスを提供する企業が属している業界です。IT業界ではインターネット上で完結するサービスを提供している企業が大半を占めているため、コロナによる影響をあまり受けていません。
IT業界のサービスではコロナに感染するリスクがないので、コロナをきっかけに業績を伸ばした企業もあります。「楽天株式会社」や「株式会社ココナラ」などはコロナをきっかけに業績を伸ばしたIT企業の代表例です。

小売業界

2つ目の影響をあまり受けていない業界は小売業界になります。
小売業界とは、卸売業などから仕入れた商品を一般の消費者に直接販売している企業が属している業界で、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラックストアなどが該当します。
小売業界に属している企業は、生活に欠かせない商品を販売していることから、コロナによる影響をあまり受けておらず、取り扱っている商品によっては業績を大きく伸ばしています。
小売業界の中でも「イオン株式会社」は、生活に必要不可欠な食料品を取り扱う大型スーパーを展開しているため、業績を著しく伸ばしています。

製造業界

この記事で最後に紹介する、コロナによる影響がない業界は製造業界です。
製造業界とは、物を作り、販売している企業が属している業界で、「JT(日本タバコ産業)・味の素・資生堂・富士通」などが挙げられます。
製造業界は、「小売業界」が販売している商品を作っているため、コロナによる影響をあまり受けておらず、コロナの感染対策として必要になった「マスク・アルコール」などを作っていた企業は著しく業績を伸ばしています。
しかし、コロナの感染拡大対策として外出が制限されたことによって、化粧品を作っている企業や、自動車を作っている企業は業績を低下させています。

コロナによる影響を受けている業界

コロナによる影響を受けている業界

コロナによる影響を受けている業界では、従業員の給料が低下したり、業績が低下して倒産を余儀なくされた企業もあります。
現在、コロナの影響を受けている業界は、コロナが終息するまで影響を受け続けるとも考えられます。コロナによる影響を受けている業界を2つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

サービス業界

サービス業界は、コロナによる影響を大きく受けています。
サービス業とは、お客様に対してサービスを提供する企業が属している業界で、飲食店や美容院、ホテルなどが挙げられます。
特にコロナによる影響を大きく受けたのは、「飲食サービス業」と「旅行・宿泊サービス業」です。
コロナの感染拡大対策として外出が制限され、サービス業は対面でサービスを受ける機会が多く、感染リスクが高いと言われていたため、業績が著しく低下したと考えられます。また、緊急事態宣言などで営業時間の短縮を余儀なくされたことも、業績が低下していることに関係しているでしょう。

不動産業界

不動産業界においても、コロナによる影響は大きく受けています。不動産業界とは、土地や建物などに関わる企業が属している業界で、ハウスメーカーや不動産仲介などが挙げられます。
不動産業界は大きく「建てる・販売する・貸す・管理する」の4つに分けられるのですが、コロナによる影響で「貸す」という賃貸物件を取り扱っている企業の業績が低下しています。賃貸の物件を借りることや、引越すときは、コロナに感染するリスクが高まるため、業績が低下したと考えられます。

コロナによる影響をあまり受けていない業界の特徴

コロナによる影響をあまり受けていない業界の特徴

コロナによる影響をあまり受けていない業界には、いくつか共通している特徴があります。
共通している特徴を理解している状態で転職先を選ぶことによって、転職したことを後悔する可能性を低くできます。転職を考えている方は、下記の特徴を参考にしてみてください。

生活に必要なサービス・商品を提供している

コロナによる影響を受けていない企業の特徴として、生活に必要なサービスを提供しているということが挙げられます。コロナ感染拡大対策として外出を制限されている状態でも、生活に必要なサービス・商品は購入する必要があります。
また、コロナによって必要になった「マスク・アルコール」などは品切れが多発するほど売れたため、そのような商品を販売していた業界・企業は、コロナの影響をあまり受けていないと考えられます。
食料品を取り扱うスーパーや、体の症状を診察してくれる病院などは、コロナに関係なく需要が高い業界で、影響を受けにくいです。

インターネット上でサービスが完結する

コロナによる影響を受けていない企業の特徴として、インターネット上でサービスが完結するということが挙げられます。この記事で何度もお伝えしている通り、コロナの感染拡大対策として外出が制限され、対面でサービスを受ける機会が減っています。
また、外出することでコロナに感染するリスクがあるので、インターネット上で完結するサービスを提供している業界・企業は、コロナの影響をあまり受けていません。
また、近年IT技術が発展したことで、インターネットが一般化され始めたことも、コロナの影響を受けていないことに関係していると考えられます。

コロナによる影響を受けていない業界へ転職することは可能?


コロナによる影響を受けていない業界では、人手を求めている企業が多いため、転職することが可能です。コロナ禍でも業績を伸ばしている企業では、積極的に中途採用を行っていて、求人数も2020年4月以降は増え続けています。
特に「IT・メディア」に関する求人は増えている傾向がありますが、自分の希望通りに転職を成功させることは簡単ではありません。
コロナによる影響を受けていない業界は、多くの転職者が希望するため、倍率が高くなる傾向があります。
コロナによる影響を受けていない業界への転職を成功させるポイントをいくつかご紹介します。

同業他社を希望する

コロナによる影響を受けていない企業への転職を成功させるには、同業他社を希望することが大切です。同業他社とは、同じ業界で別企業のことを指し、転職市場では「経験者」として扱われるため、転職が成功する可能性を高められます。
また、転職後に活躍しやすいというメリットもあり、転職したことを後悔しにくいです。
※ただし、同業他社への転職を希望していることが社内でバレてしまうと、しつこい引き止めに会う可能性があるので、社内の方にはバレないように注意してください。

仕事と転職活動を両立する

コロナによる影響を受けていない企業への転職を成功させるには、仕事と転職活動を両立することが大切です。退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、コロナによる影響でスムーズに採用選考を進められない可能性があります。
コロナの感染拡大前よりも転職活動に時間がかかるケースが多く、働きながら転職活動を行うことが大切です。
また、働きながら転職活動を行うことで「転職しない」という選択肢を持つことができて、心に余裕が生まれます。

働きながら転職活動を行う方はこちらの記事を参考にしてみてください。
在職中に転職活動をしたい方必見!転職成功のためのコツを紹介

転職エージェントにサポートしてらもう

コロナによる影響を受けていない企業への転職を成功させるには、転職エージェントにサポートしてもらうことが大切です。転職エージェントとは、転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。
求人紹介から条件交渉までサポートしてくれ、転職サイトに公開されていない「非公開求人」も紹介してくれます。
また、転職者1人に対して、担当の転職コーディネーターが付くので、働きながらでもスムーズに転職活動を進められます。
コロナ禍の転職活動は、WEB面接が導入されたり、採用選考に時間がかかったりするので、転職のプロにサポートしてもらうようにしてください。

まとめ

この記事ではコロナによる影響を受けていない業界についてお伝えしました。この記事でのポイントは以下です。

・「IT・小売・製造業界」はコロナによる影響を受けていない
・「サービス・不動産業界」はコロナによる影響を受けている
・生活に欠かせないサービス・商品を提供している業界は影響を受けていない
・コロナの感染リスクが低いサービスを提供している業界は影響を受けていない
・コロナによる影響を受けていない業界へ転職することは可能
・転職を成功させるには「同業他社」を希望すべき
・コロナ禍での転職活動は働きながら行うことがおすすめ

さまざまな業界がコロナによる影響受けていますが、中にはあまり影響を受けていない業界もあります。特に「IT業界」はコロナをきっかけに業績を伸ばして企業が多く、今後もコロナの影響は受けないと考えられます。
コロナ禍での転職を考えている方は、IT業界への転職を希望することをおすすめします。
そして、IT業界への転職を希望される方は、業界に特化している「Works」を活用してみてください。



【著者】

崎谷炳寛

「どこよりもわかりやすく、本当に知りたいことだけを伝えられる」がモットーのライター、崎谷です! IT業界への転職にまつわる情報をWorksのお役立ちBlogにて発信しています!