検索

キーワード


Slackで共有したファイルの一覧表示と削除方法を解説!

  • 公開日:2021-04-20 13:28:57
  • 最終更新日:2021-06-01 14:39:59
Slackで共有したファイルの一覧表示と削除方法を解説!

Slcakのロゴ

アップロードしたファイルの管理

SlackではチャンネルやDM(ダイレクトメッセージ)にファイルをアップロードすることで共有することができます。

チャンネルが増えていくとファイルがどのチャンネルで共有したのかわからなくなり、探すのに手間がかかります。

Slackにはアップロードしたファイルを一覧にして表示する機能があります。

また誤ってアップロードしたり、Slackの容量がいっぱいになったときはファイルは削除することできます。

この記事ではワークスペースにアップロードしたファイルの一覧表示と削除方法について紹介します。



ファイルストレージ

相手に共有したいファイルがある時、ワークスペースのチャンネルまたはDM(ダイレクトメッセージ)でアップロードすることができます。

アップロードしたファイル(PDF、文書、画像、スクリーンショット、オーディオ、ビデオ)は全てSlackのファイルストレージに保存されます。

Slackにはファイルストレージ容量があり、保存できるファイルには上限があります

ワークスペースで利用可能なファイルストレージの容量は利用しているプランによって異なります。

料金プランファイルストレージ
フリーワークスペース全体で 5GB
スタンダードメンバーひとりにつき 10GB
プラスメンバーひとりにつき 20GB
Enterprise Gridメンバーひとりにつき 1TB



ワークスペースのストレージの容量が上限に達した場合、Slackから通知が届きます。

メンバーは引き続きファイルをアップロードすることができますが、古いファイルは自動でアーカイブされます。

アーカイブされたファイルはチャンネル、DM、検索結果に表示されなくなりますが、プランをアップグレードするとアーカイブされたファイルは復元されます。

※Box、Dropbox、Google Drive、OneDriveなど外部アプリ経由で共有したファイルは、Slackのストレージ容量の上限に加算されません


-関連記事

Slackのプランは何を選択すべき? 無料プランと有料プランの違い!

Slackチャンネルの削除とアーカイブの設定方法を解説!


ファイルの一覧を表示する

パブリックチャンネル、参加しているプライベートチャンネル、DMにアップロードされたファイルは一覧にして閲覧することができます。 

ファイルの一覧にすると別のチャンネルやDMに簡単に共有できます。

SlackのVer.4.14.0(2021/4月現在)時点では、iPhoneやAndroidなどのモバイルアプリ版からファイルを閲覧することはできません

しかし、モバイルアプリ版では検索」タブからファイルを検索することができます。


ファイルの一覧表示は以下の手順で行うことができます。

1. デスクトップの画面左にあるその他」>「ファイルブラウザ」の順でクリックするとファイルの一覧が表示されます。

ファイルの一覧表示


2. 検索バーの右側にあるフィルター」のオプションから共有者、共有チャンネル、共有日など特定の条件でファイルを見つけることができます

ファイルの共有画面

また共有したいファイルがある場合、ファイルにマウスポインタを合わせると赤枠のような共有アイコンが表示されます。

共有先を選択して「共有」をクリックするだけで簡単に共有できます。


ファイルの削除

アップロードしたファイルが必要なくなった場合、Slackから削除することができます。

参加メンバーとゲストは分がアップロードしたファイルのみ削除できます。

ワークスペースの管理者はパブリックチャンネルや、自分が参加しているプライベートチャンネルにアップロードされたファイルを削除できます。


ファイルの削除は以下の手順で行うことができます。

1デスクトップの画面左にあるその他」>「ファイルブラウザ」の順でクリックするとファイルの一覧が表示されます。

ファイルの一覧表示


2. 画面の右側の 「フィルター」をクリックします。

 「共有者:」の下にあるユーザーの横のチェックボックスにチェックを入れファイルを選択します。

フィルターのオプション設定


3. ファイルにマウスポインタを合わせると赤枠のような「その他」のアイコンが表示されます。

その他」>ファイルを削除の順に選択し、「はい、削除します」をクリックすると削除が完了します。

ファイルの削除画面



まとめ

この記事ではワークスペースにアップロードしたファイルの一覧表示と削除方法について紹介しました。

アップロードしたファイルはフィルターのオプションを設定することで、すぐに欲しいファイルを一覧にして表示することができます。

保存し忘れたファイルや再度ダウンロードしたい場合はこのファイル一覧表示の機能絵お利用してみましょう。

またSlackにはファイルストレージ容量に上限があります。

そのため必要なくなったファイルはこまめに削除するか、プランのアップグレードを検討しましょう。


-関連記事

【Slack初心者の方編】ワークスペース作成から招待、参加までの流れを解説!

【Slack初心者の方編】Slackのチャンネルとは? チャンネルの特徴と作成手順を解説!

【Slack初心者の方編】Slackでメッセージを送信しよう!メンション、スレッド、リマインダーも解説します!



【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。