検索

キーワード


Slackでプライベートな会話が監視されている? 管理者に監視されていないか確認できます!

  • 公開日:2021-04-16 12:34:13
  • 最終更新日:2021-06-01 14:39:38
Slackでプライベートな会話が監視されている?	管理者に監視されていないか確認できます!

Slcakのロゴ

Slackで監視されている?

Slackのワークスペース管理者は通常の参加メンバーと違い、チャンネルやアカウント全体の管理、運営など様々な権限が与えられています。

そのため管理者はSlack内の多くの情報を知ることができます。

多くの情報を知ることができるということは、Slackで自分たちのメッセージを監視することができるのでしょうか?


実際、Slackには管理者がDM(ダイレクトメッセージ)やプライベートチャンネルのメッセージを見る方法があります

ならば自分たちのDMやプライベートチャンネルのメッセージが常に監視されているのでは?と考える方もいると思います。

個人間のプライベートなメッセージを覗き見られていた場合は、重要な問題に発展します。

しかし、管理者がSlack内のメッセージを監視するには「一定の条件」が必要であり、いつでも好きな時に監視できるわけではありません

また参加メンバーは自分のメッセージが監視できるのか確認することができます

この記事ではSlackで自分のメッセージを監視できる状況にあるかを確認する方法と、管理者が監視する条件について解説します。


-関連記事

Slackのステータスの設定をしてみよう! 解除やアイコンの変更方法も解説!

Slackのログイン状態を常にアクティブできるのか? 離席中に切り替わる条件も解説!


自分のメッセージを監視できる状況にあるかを確認する方法

通常パブリックチャンネルであれば管理者だけでなく、参加メンバーもチャンネルに参加することでメッセージを確認することができます。

しかし、プライベートチャンネルやDMは簡単に閲覧することはできません。

管理者は一定の条件を満たすことでプライベートチャンネルやDMを監視することができます。

参加メンバーは自分が管理者に監視されているかを確認することができます

下のURLからワークスペースについて様々な確認ができます。

ワークスペースについてのページ


ワークスペース

保存とエクスポート」タブをクリック後、画面下の「管理者はどのようなデータにアクセスできますか?」に下記のような文章であれば管理者から監視される状況ではありません。

公開データのエクスポートが可能

ワークスペースのオーナーと管理者は、パブリックチャンネルのメッセージとファイルをエクスポートすることができます。


管理者はパブリックチャンネルのエクスポートは可能ですが、プライベートチャンネル・DMはエクスポートすることができません。


また下記のような文章であれば個人のメッセージを監視できる状況にあります。

個人データのエクスポートが可能 (条件付)

ワークスペースのオーナーは、パブリックチャンネルからのメッセージとファイルをエクスポートすることができます。

また、ワークスペースのオーナーは、プライベートチャンネルとダイレクトメッセージのメッセージやファイルもエクスポートすることができます。


管理者はパブリックチャンネルだけでなく、プライベートチャンネル・DMもエクスポートすることができます。

「監視できる状況である」というだけで、必ず監視しているわけではありません。


-関連記事

Slackのチャンネルを統合してみよう! インポートとエクスポートのやり方を解説!


管理者が監視する条件

管理者がSlackのプライベートメッセージやDMを監視するには、いくつかの条件があります。

  • プラスプランに加入
  • Slackに申請後、Slack社からの承認


プラスプランに加入

Slackには料金プランがいくつかあります。

プラスプランとはSlackに用意されているプランの中で上から2つ目に高い利用プランです。

プラスプランのエクスポートには「スタンダードエクスポート(Standard Export)」と「コーポレートエクスポート(Corporate Export)」の2種類があります。

コーポレートエクスポートを利用するとDMやプライベートチャンネルのメッセージをエクスポートすることでき、閲覧することができます。

そのためSlackをフリープラン、スタンダードプランを利用している場合、プライベートなメッセージのエクスポートはできないため監視される心配はありません。


-関連記事

Slackのプランは何を選択すべき? 無料プランと有料プランの違い!


Slackに申請し、Slack社からの承認

管理者はSlack社にコーポレートエクスポートの機能を利用する場合、申請を行わなければなりません。

しかし、申請したとしても簡単に許可が下りるわけではありません。

申請後、Slack社に以下のような妥当な理由と判断された場合に有効になります。

  • 企業がハラスメントや企業秘密の盗難の報告を受け、職場での調査を行う必要がある場合。
  • 特定の通信内容の一定期間における記録保管が規制により義務付けられている金融サービス企業。
  • 訴訟や捜査により、裁判所命令で Slack の情報を開示しなければならない場合。
  • EU 一般データ保護規則 (GDPR) の定めに従い、元従業員からの要求に応じその従業員に関して元雇用主が保持する情報の写しを提供する場合。

このように裁判や事件など法的機関にかかわる理由でメッセージを見る必要がある場合、Slack社から申請が許可されます。

そのため単にワークスペースを利用しているメンバーのメッセージを監視したいというだけで申請しても、ほとんどが許可は下りないでしょう。



まとめ

この記事ではSlackで自分のメッセージを監視できる状況にあるかを確認する方法と、管理者が監視する条件について解説しました。

Slackに監視する機能は備わっていますが、実際に利用するためには強い制約があり、また使用できる場面はかなり限られます。

そのため多くの方がメッセージを監視される心配はありません。

事件事故などで法的機関にメッセージを開示するような緊急事態が発生した場合に利用される機能だと考えましょう。

またパブリックチャンネルは管理者にかかわらず参加メンバーも見ることができます。

そして管理者はチャンネルに投稿されたメッセージはいつでもエクスポートして残すことができます。

プライベートチャンネルやDMだけでなく、パブリックチャンネルのメッセージにも気を付けましょう。


-関連記事

【Slack初心者の方編】ワークスペース作成から招待、参加までの流れを解説!

【Slack初心者の方編】Slackのチャンネルとは? チャンネルの特徴と作成手順を解説!

【Slack初心者の方編】Slackでメッセージを送信しよう!メンション、スレッド、リマインダーも解説します!


【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。