検索

キーワード


Slackチャンネルにトピックと説明を追加してみよう! 使い方とやり方を解説!

  • 公開日:2021-03-26 10:31:56
  • 最終更新日:2021-06-03 15:18:50
Slackチャンネルにトピックと説明を追加してみよう! 使い方とやり方を解説!

Slcakのロゴ


Slackチャンネルのトピックと説明

チャンネルは新しいプロジェクトに着手する時や、進行中のトピックについて話し合いたい時など、メンバーとの仕事やコミュニケーションをするための「場」となるのが「チャンネル」です。

チャンネルには使用目的やルールを記載するために、「トピック」と「説明」を追加することができます。

トピックと説明を設定しておくことで、チャンネルの使用目的やルールを明確にすることができます。

Slackからはチャンネルを作成したらトピックと説明を設定することが推奨されていますが、設定していなくても問題はありません。

この記事ではチャンネルのトピックと説明の違いと設定方法について解説します。


-関連記事

超便利機能! Slackのスラッシュコマンドの一覧を紹介 オススメ5選とその使い方


チャンネルのトピック

トピックはプロジェクトや作業の内容プロジェクトの締切日など重要なスケジュールなどを書き込む場所です。

トピックはチャンネルのヘッダー部分に常に表示されているのでメンバー全てが閲覧可能です

特に通知したい重要事項は、こちらのトピックに記載するようにしましょう。


チャンネルのトピックの設定変更できるのはゲストを除くメンバー全員が行うことができます。

またパブリックチャンネルに限らず、プライベートチャンネルの編集もできます。


-関連記事

Slackのチャンネルをプライベートに切り替えよう! 切り替える時の注意点も解説!


チャンネルのトピックの設定方法

チャンネルのトピックを追加・編集するのは以下の手順で作成することができます。

1. デスクトップでトピックを追加したいチャンネルを選択して開きます。


2. チャンネルの上部で「トピックを追加」をクリックします。

 (既にトピックを設定している場合、「現在のトピック」をクリックします。)

トピックの追加方法


3. 新しいトピックを入力します。

トピックの編集画面


4.  チャンネルのトピックを入力後、トピックを設定する」をクリックして完了です。

※チャンネルのトピックは半角英字なら 250 文字まで、日本語なら約 80 文字まで入力することができ、絵文字も使えます。



また上記の方法とは別の方法でトピックを編集することができます。

デスクトップ右上の詳細アイコン(詳細アイコン)」>「チャンネル情報」>トピックの「編集」をクリックすると編集画面が開きます。

詳細からのトピック編集画面


チャンネルの説明

説明はチャンネルの使用目的、使用上の注意事項などを書き込む場所です。

チャンネルの説明は、トピックとは違い常に表示されているわけではなく、チャンネルの詳細を開くと表示されます

そのためチャンネルの作成後に説明の閲覧を促してみましょう。


チャンネルの説明の設定変更できるのはゲストを除くメンバー全員が行うことができます。

またパブリックチャンネルに限らず、プライベートチャンネルの編集もできます


チャンネルの説明の設定方法

チャンネルの説明を追加・編集するのは以下の手順で作成することができます。

1. デスクトップで説明を追加したいチャンネルを選択して開きます。


2. チャンネルの上部で「説明を追加する」をクリックします。

説明の編集方法


3. 新しい説明を入力します。

説明の編集画面


4.  チャンネルの説明を入力後、「説明を更新する」をクリックして完了です。

※チャンネルの説明は半角英字なら 250 文字まで、日本語なら約 80 文字まで入力することができます。



また上記の方法とは別の方法で説明を編集することができます。

デスクトップ右上の詳細アイコン(詳細アイコン)」>「チャンネル情報」>説明の「編集」をクリックすると編集画面が開きます。

詳細からの説明編集画面



まとめ

この記事ではチャンネルのトピックと説明について解説しました。

トピックと説明を記載するとそのチャンネルの運用目的やルールを正しく認識することができ、無駄な会話や的外れな内容のコメントなどを減らす手助けになります。

チャンネルはトピックと説明がなくても作成することができます。

設定するのが面倒くさいと考える方がいると思いますが、ほかのメンバーや仕事の効率化のためにも設定しましょう。

設定後にトピックなどでメンバーに通知することを忘れないようにしましょう!


-関連記事

【Slack初心者の方編】Slackのチャンネルとは? チャンネルの特徴と作成手順を解説!



【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。