検索

キーワード


Slackのチャンネル作成後にメンバーを招待するには? チャンネルへ招待する方法とその参加方法を解説!

  • 公開日:2021-03-22 13:32:40
  • 最終更新日:2021-05-12 14:41:56
Slackのチャンネル作成後にメンバーを招待するには? チャンネルへ招待する方法とその参加方法を解説!

Slcakのロゴ

Slackチャンネルの招待と参加

Slackのワークスペースは作業をするグループの共有スペースであり、そのワークスペース内ではプロジェクトやチーム毎にチャンネルが作成できます。

チャンネルはメッセージやファイルを一つに集めて共有することができる場所です。

メンバーはワークスペースにログインし、その中の必要なチャンネルに参加して仕事を進めていきます

チャンネルを作成するときは最初に参加するメンバーを決めます。

そのためチャンネル作成後にメンバーを追加する方法がわからないというがいると思います。

この記事ではSlackデスクトップアプリ版でのチャンネルの招待と、その参加方法について紹介します。



チャンネルに招待する方法

Slackではチャンネルにメンバーを招待することでコミュニケーションをとることができます。

招待されたメンバーは招待を承諾した後、チャンネルの会話に加わることができます。

パブリックチャネル」と「プライベートチャンネル」では招待時に操作手順が多少異なりますが、基本的な手順は同じです。

チャンネルに招待できるのは「管理者」の他にチャンネル内の「メンバー」と「ゲスト」です。

チャンネルに招待するためにはワークスペースに参加しているメンバーである必要があります

そのためワークスペースに参加していない方をチャネルに招待する場合、ワークスペースに招待してからチャネルに参加させる必要があります。


またチャンネルには一度に最大1,000人のメンバーを追加できます。

一度に多くのメンバーを追加する場合、追加前にチームメンバーの名前またはメールアドレスのリストを作成してから招待するとスムーズに行うことができます。


-関連記事

Slackのチャンネルをプライベートに切り替えよう! 切り替える時の注意点も解説!


パブリックチャンネルへの招待方法

パブリックチャンネルへの招待は以下の手順で作成することができます。

1. ワークスペース内にいるチャンネルに追加したいメンバーの「名前またはメールアドレス」をコピーします。


2. メンバーを追加するチャンネルを選択します。


3. 右上のメンバー追加アイコン(メンバーの追加アイコン)をクリックします。


4. 手順1でコピーしたメンバーを招待フィールドにペーストします

またはワークスペース内に参加しているメンバーの「名前またはメールアドレス」を直接入力します。

※管理者は下のフリックキーを「ON」にすると、ワークスペースに招待されたメンバーがこのチャンネルに自動的に追加されるようになります。

パブリックチャンネルへの招待画面


5. 入力完了後、「終了」をクリックするとチャンネルに追加できます。

※複数のメンバーを招待する場合、名前またはメールアドレスの間にそれぞれコンマまたはスペースで区切られていることを確認してください。


プライベートチャンネルへの招待方法

プライベートチャンネルへの招待は以下の手順で作成することができます。

1. ワークスペース内にいるチャンネルに追加したいメンバーの「名前またはメールアドレス」をコピーします。


2. メンバーを追加するチャンネルを選択します。


3. 右上のメンバー追加アイコン(追加アイコン)をクリックします。


4. 「チャンネルに追加」または「新しいチャンネルを作成する」を選択し「続行する」をクリックします。

プライベートチャンネルへの招待画面①


5-1. 「チャンネルに追加」を選択した場合、手順1でコピーしたメンバーを招待フィールドにペーストします

またはワークスペース内に参加しているメンバーの「名前またはメールアドレス」を直接入力します。

入力完了後、「終了」をクリックするとプライベートチャンネルにメンバーを追加できます。

プライベートチャンネルへの招待画面②


5-2. 「新しいチャンネルを作成する」を選択した場合、手順1でコピーしたメンバーを招待フィールドにペーストします

またはワークスペース内に参加しているメンバーの「名前またはメールアドレス」を直接入力します。

入力完了後、「終了」をクリックすると招待したメンバーが追加された別のプライベートチャンネルが作成されます。



招待されたチャンネルに参加する方法

チャンネルに参加するとメンバーリストに追加され、チャンネル内のメッセージやファイルを閲覧することができます

パブリックチャンネルの退出や再度の参加はいつでも可能です。

一方でプライベートチャンネルの退出はいつでも可能ですが、再度参加することはできません

そのため再度参加するためには現在のプライベートチャンネルのメンバーに追加してもらう必要があります。


チャンネルに参加する

チャンネルへの参加は以下の手順で作成することができます。


1. 左のサイドバーにある「チャンネル検索」が表示されているのでクリックします。

「チャンネル検索」が見当たらない場合、 「Slack をブラウザする」>「チャンネル検索のアイコンチャンネル検索」をクリックします。

チャンネル検索画面


2. 参加可能なチャンネルの一覧が表示されるので、参加するチャンネルを選択します。

参加可能チャンネルの選択画面

※参加したいチャンネル名がわかっている場合、スラッシュコマンドを入力することで簡単に行うことができます。

メッセージフィールドに「/join」と、それに続けて「# + チャンネル名」を入力すると指定したチャンネルに参加することができます。

入力するメッセージフィールドはどのチャンネル内でも入力可能です。

チャンネル参加のスラッシュコマンド



まとめ

この記事ではチャンネルへの招待と参加方法について解説しました。

チャンネルの招待と参加はとても簡単にできます。

チャンネルへの招待はパブリックチャンネルとプライベートチャンネルで手順に少し違いがありますが、大きな違いはありません。

プライベートチャンネルへ参加したメンバーはチャンネルから退出すると再度参加することができません。

そのため再度招待してもらう必要があるので、退出する際は注意しましょう。

現在のチャンネルに新しくメンバーを追加してみましょう!



【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。