検索

キーワード


【Windows10】仮想デスクトップとタスクビューでマルチタスク効率UPするには?

  • 公開日:2021-03-16 13:33:01
  • 最終更新日:2021-03-16 13:41:13
【Windows10】仮想デスクトップとタスクビューでマルチタスク効率UPするには?

みなさま、Windows10にて追加された仮想デスクトップをご存じでしょうか。

仮想デスクトップとは、普段開いているデスクトップの複製、いわば仮想の作業領域のことを指します。

駆使することで、日々のデスクワークや作業効率を上げることができます。

本記事では、仮想デスクトップとタスクビューについてショートカットキーを交えながら紹介していきます。




タスクビューとはなにか

まず、仮想デスクトップ自体の説明をする前にタスクビューについての説明をしていきます。

タスクビューとは、WindowsPCの画面下に出ているタスクバーの左横にあるアイコンの機能です。

下記画像の赤丸で囲われているアイコンになります。

タスクビューの画像

タスクビューのアイコンをクリックすると次のような画面に遷移します。

タスクビューの画像2

このタスクビューの役割としては、今開いているウィンドウをわかりやすく視認することができ、

それぞれのウィンドウに素早くアクセスすることができます。

なお、それだけではなく、過去に作業していたファイル等にもアクセスできるので、

ファイルを探す手間などが省けて便利です。

また、画面左上の「+新しいデスクトップ」をクリックすることで、仮想デスクトップを作成することができます。

仮想デスクトップを作成すると、下記画像のようにデスクトップを切り替えることができるようになります。

タスクビューから仮想デスクトップを確認できる



仮想デスクトップとショートカットキー

次に、仮想デスクトップを使うには、どうすればよいのか説明していきます。

先ほど、紹介しましたが、仮想デスクトップをタスクビュー画面から作成する方法があります。

しかし、使用する頻度が増えてきたら、いちいちタスクビューを開いて、作成するのは少し手間になってきますよね。

そこで、仮想デスクトップを作成するショートカットキーである[Windows + Ctrl +D]を、

用いることで、少しだけ楽することができます。

その他にも仮想デスクトップにかかわるショートカットキーがありますので、紹介します。

ショートカットキーh
Windows + Ctrl + D仮想デスクトップを開く
Windows + Ctrl + F4仮想デスクトップを閉じる
Windows + Tabタスクビューを開く
Windows + Ctrl + → or ←デスクトップが複数ある場合のに切り替えできる

その他に、筆者おすすめのショートカットキーを紹介している記事もありますので、よろしければそちらもご覧ください。



仮想デスクトップの使い方

本題になりますが、仮想デスクトップの使い方について説明します。

仮想デスクトップの作成方法については記事前半で説明したので、わかっていただけたのではないでしょうか。

仮想デスクトップの使い方は、基本的に普段使っているデスクトップと変わらないと

考えていただいて大丈夫です。

では、何が作業の効率を高められるかというと、マルチタスクがあるときにとても有用です。

例えば、異なるエクセルのファイルを複数同時に更新しなければならない時や、

開くウィンドウの数が多い時などに、仮想デスクトップを作成して、デスクトップに表示される

情報量を分散、作業ごとにデスクトップを使い分けるのに役立ちます。




おわりに

ここまでご覧いただきありがとうございました。

本記事の内容を少しでも参考にして生かしていただけると幸いです。



【著者】

高橋

この業界2年目の若輩者ですが、これから頑張っていきます。