検索

キーワード


【Windows10】デスクワークを効率化!おすすめショートカットキーの紹介

  • 公開日:2021-03-10 14:56:33
  • 最終更新日:2021-03-31 11:31:32
【Windows10】デスクワークを効率化!おすすめショートカットキーの紹介

デスクワークの画像

現在では、デスクワークやパソコン業務がどの業種でも存在しています。

また、テレワーク、リモートワークでの働き方などが浸透してきたのではないでしょうか。

そのような、パソコンを用いて仕事をすることが多くなってきた状況において、

ショートカットキーはとても時短テクニックとして有用です。

今回は、覚えておいて損はないおすすめのショートカットキーについて、紹介していきます。




ショートカットキーとは、どういうものか?

ショートカットキーとは、マウスを使わずに、キーボードでパソコンを操作する機能やコマンドを指します。

ショートカットキーを用いることで、作業時間の短縮や業務の効率化を行うことができます。

今回は、その中でも頻繁に用いられる代表的なものを一覧形式で紹介します。




キーボードの画像

おすすめのショートカットキー


Ctrlキーを用いたショートカットキー

Ctrl + 特定のキー操作説明
Ctrl + C選択したテキストや画像をコピーする
Ctrl + V選択したテキストや画像を貼り付けする
Ctrl + X選択したテキストや画像を切り取りする
Ctrl + Aページ内のテキストや画像を全選択する
Ctrl + Z一つ前の操作に戻す
Ctrl + Y操作を一つ進める
Ctrl + Fページ内での検索を行う
Ctrl + Sファイルの保存を行う
Ctrl + P印刷を行うためのプレビューを表示する
Ctrl + N新規ウィンドウやファイルの作成、エクスプローラーを開く(※1)
Ctrl + (+)画面の表示倍率を拡大する
Ctrl + (-)画面の表示倍率を縮小する


Ctrl系のショートカットキーは複数のショートカットキーを組み合わせて使うこともよくあり、

テキストの編集やWord,Excel等の編集、よく使うので、要チェックです。

コピー&ペーストについて解説している記事もありますので、合わせてお役立てください。

他にもCtrl系のショートカットキーが多々ありますが、あまり頻繁に用いないことや一覧形式で紹介するには数が多いことから

今回は割愛しています。






Windowsキーを用いたショートカットキー

Windows + 特定のキー操作説明
Windows + L画面をロックする
Windows + E
エクスプローラーを開く(※1)
Windows + D
デスクトップを表示する(※2)
Windows + A
画面右下の通知センターを開く
Windows + I
Windowsの設定を開く
Windows + Shift + S選択した範囲のスクリーンショットをする
Windows + Ctrl + D
仮想デスクトップを開く(※3)
Windows + Ctrl + F4仮想デスクトップを閉じる




上記キー入力の補足

※1 Ctrl + N, Windows + Eのエクスプローラーを開く動作の違いについて

  Ctrl + Nは、既に開いているエクスプローラーをコピーして開くことができます。同じエクスプローラーから複数の異なる場所へ

  アクセスしたい時などに有効です。

  一方、Windows + Eは新規のエクスプローラーしか開くことができません。

  そのため、用途によって使い分けるのがいいと思います。

  エクスプローラーについて解説している記事がありますので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。



※2 Windows + Dは複数のウィンドウが開いている状態でも、

  ウィンドウを閉じずに最小化してデスクトップを表示することができます。

  一度デスクトップを表示したのちに、もう一度キー入力することで、ウィンドウが開いていた状態に戻すことができます。

  Windows + Mという似たようなキー入力がありますが、こちらはデスクトップを表示したのちに、

  もう一度キー入力しても、最小化したウィンドウが開かないので、注意が必要です。



※3 仮想デスクトップとは、一つのパソコン内で複数のデスクトップを運用することができる機能のことです。

        この機能のメリットとしては、ワードやエクセルなどのアプリを複数のデスクトップで立ち上げられることにより、

  用途によってデスクトップを使い分けることが可能な点です。

  それによって、複数タスクを滞りなく同時進行することができます。

  仮想デスクトップについて詳しく解説している記事もありますので、是非ご参考にしてください。



Windows + Shift + Sに関しては同じような役割のPrintScreenキーが存在しますが、

PrintScreenキーは全画面のスクリーンショットを取ることしかできないので、似て異なる役割を持っています。

スクリーンショットと画面キャプチャについて解説している記事もありますので、良ければご覧ください。




altキーを用いたショートカットキー

alt + 特定のキー操作説明
alt + Tab現在開いているアプリやウィンドウを切り替えることができる
alt + F4アプリを終了する
alt + ↑エクスプローラーで一つ上の階層へアクセスする
alt + ←エクスプローラーやブラウザで一つ前に戻る
alt + →エクスプローラーやブラウザで一つ次に進む
alt + ↓エクスプローラーで一つ下の階層へアクセスする
alt + Dブラウザやエクスプローラーのアドレスバーを選択することができる


altキーでの操作はエクスプローラの階層移動や開いているウィンドウの切り替えなど、

結構使用することの多い操作を時短することができるので、覚えておきましょう。

ウィンドウ切り替えや画面サイズ変更についての記事もありますので、参考にしたい方はご覧ください。




さいごに

上記のおすすめショートカットキーの他に、ショートカットキーを知りたい方はMicrosoftの公式ページをご覧ください。

ここまで、ご覧いただいていかがだったでしょうか?

デスクワークや仕事効率化にあたり、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

日本語切り替えや言語入力に関するショートカットキーを解説している記事もありますので、参考にしてください。

また、スクリーンキーボードという機能についても説明している記事がありますので、ご覧になってはいかがでしょうか。

閲覧ありがとうございました。



【著者】

高橋

この業界2年目の若輩者ですが、これから頑張っていきます。