検索

キーワード


Slackのワークスペースの作成方法を画像付きで詳しく解説!

  • 公開日:2021-03-05 14:12:12
  • 最終更新日:2021-05-12 14:36:59
Slackのワークスペースの作成方法を画像付きで詳しく解説!


自宅で行えるリモートワークの増加と、職場での仕事を円滑に進めるためコミュニケーションツールが導入されています。

コミュニケーションツールの一つであるSlackは日本でも多くの企業で導入されています。

この記事ではSlackを使用したことがない方でもWindows版のSlackでワークスペースを作成する方法をわかりやすく紹介します!

Slcakのロゴ

ワークスペースの作成手順

Slack初心者の方編! ワークスペース作成から招待、参加までの流れを解説!」の記事ではワークスペースの作成

方法を簡単に紹介しました。

初めてSlackを利用する場合、ワークスペースを作成することから始めます。

ワークスペースの作成することでメンバーを招待し、連絡のやり取りをすることができます。


Slackのワークスペースを作成する

それでは早速Slackのワークスペースを下の手順に従って作成してみましょう。


1. 下のSlackのページに移動します。

Slackのワークスペース作成ページ

ワークスペースの作成ページ


2.  使用する自分のメールアドレスを入力して、「続行」をクリックします。

「続行」をクリックすると下の画面に切り替わります。

先ほど入力したメールアドレスにSlackから6桁の確認コードが載ったメールが届きます。

メールを確認して確認コードを入力しましょう。

確認コード入力画面


3.  What's the name of your company or team ?(社名またはチーム名を教えてください)」と表示されるので、名前を入力しましょう。


※ワークスペース名は255文字までの文字数制限があります。

ここで入力した名前がSlackのワークスペース名となります。

ワークスペースに名前をつけたら「Next」をクリックします。

ワークスペース名の登録画面


4. ワークスペースと同時にワークスペース内にチャンネルを作成します。

チャンネルはチームで取り組んでいるプロジェクト毎にグループ分けすることができます。

このチャンネルの中で会話のやり取りを行います。

What's your team working on right now ?(あなたのチームは今何に取り組んでいますか?)」と表示されるので、入力しましょう。


※チャンネル名は80文字までの文字数制限があります。

ここで入力した名前がワークスペース内のチャンネル名となります。

チャンネルに名前をつけたら「Next」をクリックします。

チャンネル名の登録画面


5. ここではほかのメンバーを招待することができます。

Who do you email most about XXX ?(XXX(チャンネル名)に関して一番メールを送りたいのは誰ですか?)」と表示されるので、入力しましょう。

Slackに招待するメンバーのメールアドレスを入力して「Add Teammates」をクリックします。


また招待を後回ししたい場合は下線部緑のSkip this step」をクリックしましょう。

メンバーの招待画面


-関連記事

Slackのワークスペースへの招待とその参加方法! アカウントの作成方法について解説!


6. これでワークスペースの作成が完了です!

ワークスペース作成完了画面

現在この画面はブラウザで開いています。

Slackのアプリケーションを持っている方は上に表示されている「開く」をクリックするとアプリが自動で起動します


-関連記事

Slackのダウンロード方法がわからない方必見! Windows版にSlackをダウンロードする手順を解説!



Slackのワークスペースを複数作成する

Slackでは複数のワークスペースを作成することができます。

新たに別のワークスペースを作成する場合、上の手順と同様の作業を行います。

Slackのワークスペース作成ページ


ワークスペースの作成が完了すると下の画像のようにワークスペースが複数表示されるようになります。

複数のワークスペースアイコン

ワークスペースを切り替えることで利用目的ごとに使用することができます。

注意点としてワークスペースが多くなると通知が多くなったり複数のメンバーがどのワークスペースにいるのかわからなくなったりと管理が面倒になります。

そのためむやみにワークスペースを作成するのは控えましょう。


-関連記事

Slackで複数のワークスペースに参加することは可能? 複数あるワークスペースの切り替え方法も解説!



まとめ

今回の記事ではSlackのワークスペースを作成する方法を解説しました。

Slackはワークスペースの作成から始まります。

そのためワークスペースの作成ができないとSlackを利用できません。

Slackはリモートワークでの作業を効率化することができるコミュニケーションツールです。

この記事でワークスペースの作成手順を覚えて実際にSlackを利用してみましょう。



【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。