検索

キーワード


【Redmine管理】チケットの分類は“トラッカー”を設定?設定解説ガイド

  • 公開日:2021-03-01 09:52:35
  • 最終更新日:2021-04-30 23:25:36
【Redmine管理】チケットの分類は“トラッカー”を設定?設定解説ガイド

こんにちは。新人エンジニアのサトウです。


今回の記事テーマ✅は、課題解決システムRedmine『トラッカー』の設定方法❗

チケットの設定であるトラッカーについて実際の画面と一緒にシェアしていきます。


システムエンジニアとして駆け出したばかりですが、

初心者なりの視点でわかりやすい記事を心がけていますので是非他の記事にも訪問してみてください!

参考にしたサイト:Redmine.JPさんの用語解説『トラッカー』

トラッカーについて<概要>

目次トップ画像①

【Redmine基本】チケットの作成&更新とは??使い方ガイド! でも触れましたが、

トラッカーとはチケットを作成するときの入力項目でありチケットを大きく分類するためのものです。

プロジェクトに合ったトラッカーを作成/定義してからチケット作成するとRedmineがより使いやすくなりますよ!

トラッカーをしっかり理解してチケットをより一層使い熟しましょう。



~~~

まずはおさらいとデフォルトトラッカーを確認しましょう。

トラッカーはチケット作成の際に入力項目として最初に目にします、基本をしっかり押さえましょう!

トラッカーとは?

Redmine上の最も大きなチケット分類に当たるのが『トラッカー』です。

チケット編集画面の最初のフィールドであり、必須入力項目の一つになっています。

トラッカーは、フィルタを使用してチケット管理をするのに役立ちます。


デフォルトトラッカーが用意されているので、それらを使用しても構いませんし、新しいトラッカーを作成して使用することも可能です。

デフォルトでは、システム開発を想定した<バグ><機能><サポート>の3つのトラッカーが用意されています。

トラッカーの作成や編集ができるのはシステム管理者の権限を持つユーザーです。新しいトラッカーを作成した後はワークフローの設定が必須になるので注意が必要です。

デフォルトトラッカー

デフォルトで定義されているトラッカーは以下の3つです。

トラッカー名説明
バグ不具合やトラブルなどの修正が必要な問題点
機能プロジェクト内の機能開発や改良
サポート資料作成やプロジェクトの支援業務



トラッカーの役割 は チケットの性質を決めること<概要>

目次トップ画像②


トラッカーはチケットの最も大きな分類に当たる言葉です。

ですが、最も重要な役割は “チケットの性質を決める”  というものなんです!


トラッカーの作成時には “フィールドの選択 ”が必要であり、

作成後は “ワークフロー” の設定が必須です。


なぜそれらの設定が必要なのかというと、

チケットの性質は割り当てたトラッカーで設定したものになるから✅です!


チケット作成の際の必須入力項目であり、チケットにおいて重要な機能トラッカー。

「フィールド」と「ワークフロー」という用語についても押せえておきましょう。


フィールドとは?

チケットの作成や編集の際に表示される入力項目を「フィールド」と呼びます。

トラッカー設定で選択したフィールドが、

チケットの作成・編集時の画面のフィールド(入力項目)となって表示されることになります。

ワークフローとは?

プロジェクトメンバーが、チケットのステータスをどのように遷移(変更)できるかを定義する設定のことです。

ロール(プロジェクトメンバーの役割)とトラッカーの組み合わせの数だけワークフローを設定することになります。

例えばロール【管理者】は、

トラッカー【バグ】のチケットステータスを《進行中》から《終了》に更新できるようにする等のルールを設定します。

参考:【Redmine管理】運用ルールを決めよ!“ワークフロー”攻略設定ガイド!!

   【Redmine管理】プロジェクト内の権限は“ ロール ”を付与させよ!使い方解説ガイド


設定ガイド

目次トップ画像③

それぞれのフェーズでどんなことを行うのか実際のPC画面で確認していきましょう。


新しいトラッカーを作成する

新しいトラッカーを作成していきましょう。

基本的にトラッカー設定ができるのは“システム管理者”です。


最上部のホームメニュー《管理》をクリック、管理メニューの《トラッカー》を選択し、トラッカーの設定画面を表示させます。

右上の《新しいトラッカー》をクリック、必要な入力して新しいトラッカーを作っていきます。

  • ホームメニュー《管理》→管理メニュー《トラッカー》をクリックする

《管理》→《トラッカー》

  • トラッカー一覧画面 →《新しいトラッカー》をクリックする

《新しいトラッカー》を選択

作成に必要な入力項目は《名称》《デフォルトのステータス》《標準のフィールド》です。

最近のアップデートで《説明》が追加されたり一部変更がされたりしましたが、

上記の3点を押さえていれば問題ありません!

  • 項目を入力し《保存》をクリックする

項目を入力し《保存》をクリック

新しくトラッカーを作成した場合は後にワークフローの設定が必要になります。

作成した直後はまだ使用できず《このトラッカーにワークフローが定義されていません。》と表示されます。

  • ワークフロー未定義の表示画面

《このトラッカーにワークフローが定義されていません。》


トラッカー設定を編集・確認する

既存のトラッカーを更新します。

作成と同様にトラッカー設定ができるのはシステム管理者です。


《管理》→《トラッカー》を選択し、一覧から該当のトラッカー名をクリックしましょう。

設定画面で必要な編集をして更新できます。

  • ホームメニュー《管理》→管理メニュー《トラッカー》→該当の《トラッカー名》を選択する

《管理》→《トラッカー》→該当のトラッカー名を選択

  • トラッカー編集画面

トラッカー編集画面


トラッカーを削除する

既存のトラッカーを削除します。

作成と同様にトラッカー設定ができるのはシステム管理者です。


《管理》→《トラッカー》を選択し、

一覧から該当のトラッカー名の右にある《削除》をクリックしましょう。

小さいウィンドウが出現するので《OK》を押します。

  • ホームメニュー《管理》→管理メニュー《トラッカー》→該当のトラッカー《削除》を選択する

《管理》→《トラッカー》→該当のトラッカー《削除》を選択

  • 削除の小ウィンドウ画面

削除実行画面

設定ガイドは以上です。


Redmine管理についてさらに詳しく知りたい方は以下をチェック

Redmine管理編<関連>

【Redmine管理】“ステータス”でチケット状況を把握せよ!設定解説ガイド

【Redmine管理】プロジェクト内の権限は“ ロール ”を付与させよ!設定解説ガイド

【Redmine管理】“バージョン”と“ロードマップ"大きな節目で分類したい!設定解説ガイド

【Redmine管理】" カテゴリ " 好きな性質・区分で分類しよう!設定解説ガイド

【Redmine管理】運用ルールを決めよ!“ワークフロー”攻略!!設定解説ガイド


Redmineチケット編

【Redmine基本】チケットの作成&更新とは??使い方ガイド!

【Redmine基本】一括更新でマスターLEVEL⁉チケットのトクする機能ガイド 1

【Redmine基本】親子チケットでマスターLEVELへ!?チケットのトクする機能ガイド2

【Redmine基本】ウォッチャーでマスターLEVELへ!?チケットのトクする機能ガイド3


~Redmineの詳しい使い方や情報を順次アップしています!~


また、Redmineの正しい情報の発信先や普及活動については以下のホームページを確認しましょう。

Redmine.JPさんの用語解説『トラッカー』(記事の参考にしたサイト)

Redmine.JP(日本版Remine/非公式サイト)

Redmine公式サイト



最後まで読んでいただきありがとうございました✅


【著者】

新人SE・サトウ

読者を始め私自身も知りたい!と思うような知って得するプログラミング知識やIT情報を日々発信中です。
筆者の憧れの人物は、コリン・ファースさん、渡部篤郎さん。
教養のあるカッコいい大人になれるよう、プログラミングを始め興味関心を持ったことを毎日勉強しております !!