検索

キーワード


Slackのワークスペースへの招待とその参加方法! アカウントの作成方法について解説!

  • 公開日:2021-02-18 16:11:45
  • 最終更新日:2021-06-01 14:50:57
Slackのワークスペースへの招待とその参加方法! アカウントの作成方法について解説!

コミュニケーションツールの一つであるSlackは多くの人や企業での導入が進んでいます。

Slackではワークスペースに招待することでメンバーを参加させることができます。

しかし参加にはSlackのアカウントを作成する必要があります。

「Slackで招待する方法がわからない」、「参加したいけれどアカウントの作成?」という方がいると思います

この記事ではワークスペースへの招待と参加、アカウントの作成方法について解説します!

Slcakのロゴ

ワークスペースへの招待と参加

ワークスペースとはSlackで作業をするグループの共有スペースです。

ワークスペースにプロジェクトやチーム毎にチャンネルを作成することができます。

Slackではいずれかのワークスペースに参加することで初めてコミュニケーションをとることができます。

ワークスペースへの参加は既にワークスペースに参加している人から招待され、承諾することで参加できます。

この記事では主にデスクトップ版でフリー(無料)プランのSlackを使用している方に向けて解説します。


ワークスペースに招待する方法

ワークスペースにメンバーを招待する場合、Slackの加入プランデバイスによって異なります。 

有料プランやほかのデバイスでワークスペースに新規メンバーを招待する


-関連記事

Slackのプランは何を選択すべき? 無料プランと有料プランの違い!


招待されると、Slack(Slack<feedback@slack.com>)から招待メールが届きます。

※迷惑メールの設定をしている場合、届かないことがあるため注意しましょう。

デスクトップ版でフリープランのSlackを利用している方は「管理者」又は「メンバー」がワークスペースに招待することができます。


招待の手順

招待を行う方は以下の手順でメンバーを招待しましょう。

1.デスクトップの画面左上にある「ワークスペース名」をクリック。

招待メール送信場所の説明

2.メニューから「メンバーを以下に招待 : [ワークスペース名]」を選択。


3.招待したい人のメールアドレスを入力。

招待メールの送信

4.送信」>「完了」をクリック。


また下線部赤の「招待リンクをコピーする」をクリックすると招待リンクをコピーすることができます。

招待リンクのコピー

メッセージでURLを張り付け(「Ctrl」+「V」)ることで、招待したい方に直接送信することができます。

※このリンクは30日でリンク切れになるので気をつけましょう。

これでワークスペースへの招待は完了になります。


ワークスペースへ参加する方法

ワークスペースに参加するにはまずメールアドレスを使用してSlackアカウントを作成する必要があります。 

既にSlackのアカウントを持っている方はアカウント認証してログインしましょう。

招待されたワークスペースへ参加する方は「招待リンク」をクリックしましょう。


参加の手順

1.メールの受信トレイにSlackからメールが届いているか確認し、リンク先に移動

Slackの参加ページ※この記事のページは日本語翻訳を行っています。

2.自分の持つメールアドレスを入力して「電子メールを続行する」でメールを送信すると「アカウント作成リンク」が載ったメールが届きます

※Googleアカウントを持っている方は「グーグルに進む」をクリックしてリンク先でアカウント認証しましょう。


アカウントの作成方法

Slackからアカウント作成リンク」が載ったメールからリンク先に移動

アカウントの作成ページ

2.名前とパスワードを入力して「アカウントの作成する」をクリックするとアカウントの作成が完了。

これでワークスペースへ参加することができます。


参加可能なワークスペースを検索する

招待とは別にメールアドレスを検索することで参加資格のあるワークスペースを見つけることができます。

ワークスペースの検索ページ

ワークスペースの検索ページ

リンク先に移動して、自分のメールアドレスを入力しましょう。

続行」をクリックすると入力したメールアドレスが参加可能なワークスペースを検索することができます。


まとめ

この記事ではワークスペースに招待する方法と、その参加方法を解説しました。

招待する方は招待先のワークスペースが間違っていないか確認してから招待しましょう。

また招待する方のメールアドレスが間違っていると届かないため、相手に招待メールが届いているか確認しましょう。

ワークスペースに参加する方はアカウント作成する必要があります。

そのためアカウントを作成するためのメールアドレスを用意しておきましょう。

参加方法は手順が多いため面倒に感じるかもしれませんが、実際にやってみると簡単に招待、参加することができます。

どんどんメンバーを増やして活発な議論を交わしましょう!


-関連記事

【Slack初心者の方編】ワークスペース作成から招待、参加までの流れを解説!


【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。