検索

キーワード


最短でフリーランスのエンジニアになるにはどうすればいい?案件の探し方は?初心者でも仕事を取れるの?

  • 公開日:2021-02-12 15:29:26
  • 最終更新日:2021-03-19 17:04:36
最短でフリーランスのエンジニアになるにはどうすればいい?案件の探し方は?初心者でも仕事を取れるの?

「フリーランスのエンジニアってどうやって仕事を取ってるの?」


フリーランスの仕事というとなんだか難しく感じますが、仕事を受け始めると案外すんなりと仕事を取れるものです。会社で働いている時と大きな差はありません。


私自身、フリーランスとして働き始めて3ヶ月ほどですが、コネがなくても仕事を受注できています。フリーランスだからと言って気構える必要はないのです。


今回は、最速でフリーランスのエンジニアになりたい方のために、フリーランスでエンジニアの案件を獲得する方法やポイントなど分かりやすくご紹介します。


「フリーランスでエンジニアの仕事をしてみたい!」という方は、是非参考にしてみてくださいね!


フリーランスのエンジニアは難しい?

パソコン

結論から言うと、フリーランスの案件は誰でも受けることができます


初めて案件を獲得して軌道に乗るまで、たくさん営業をかけてもほとんど受注できなかったり、案件を取れても金額面が少なかったり、大変な面ももちろんあります。


しかし、地道にコツコツと仕事に向き合って信頼を獲得することで、色々な案件にチャレンジできるようになり、単価アップも期待できます。


依頼物に対して求められるレベル+αを提供できれば、案件は続いていくでしょう。


まずは、副業レベルから少しずつ始めて、大きな案件を受注できるようにステップアップしていきましょう。


最短で案件を獲得する方法

パソコンを打つ

フリーランスのエンジニアが仕事を探す方法を3つご紹介します。


まずは色々なサイトなどに登録をしてどんな雰囲気なのか掴んでみるといいでしょう。


それでは見ていきます!


①「クラウドソーシング」

1つ目の方法は「クラウドソーシング」からの受注です。


クラウドソーシングは、エンジニアの仕事以外にも様々な業務委託の仕事が載っているサイトです。


短期から長期まで様々な案件が載っていて、誰でも募集に対して応募することができます。


クラウドソーシングは様々なサイトがありますが、以下の3つのサイトが案件数が多くて有名です。


CrowdWorks

Lancers

coconala


気になる案件に対してすぐに提案を送れるなど、案件受注までの敷居が低く挑戦しやすいです。


しかし、システム手数料が3割ほどかかるので受取金額が少なくなるデメリットがあります。


②「コミュニティサイト」

2つ目の方法は「コミュニティサイト」からの受注です。


フリーランスのコミュニティサイトやフリーランスが集まるサロンなどに登録すると、内部コミュニティの中で仕事を受注できる場合があります。


例えば、有名なフリーランスのコミュニティサイトは、「FreelanceNowです。


エンジニアを含めた様々なフリーランスが5,000人以上集まっており、エンジニアも2割ほど所属しています。


「FreelanceNow」はFacebookのコミュニティになりますので、アカウントを持っている方は登録しておくとFacebookのタイムラインに案件が流れるようになります。利用してみるといいでしょう。


「FreelanceNow」の登録はこちらから



③「フリーランスのエンジニア向けの案件サイト」

3つ目の方法は「フリーランスのエンジニア向けの案件サイト」からの受注です。


フリーランスのエンジニアに向けた案件を扱っているサイトはたくさんあります。


求人を探すように、様々な案件が載っているので気軽に案件を探すことができます。


また、案件サイトを通して仕事を探す場合は、専属のキャリアコンサルがつくことも多いため、フリーランスとしての案件受注が初めての方にとっては心強い味方になるでしょう。


「Works」でフリーランスの案件を見る


未経験でも案件を受注できるの?

Java

ここまでフリーランスのエンジニアが仕事を探す方法をご紹介しましたが、エンジニア未経験の方はどうなのでしょうか...?


結論から言うと、未経験でも案件を受注することは可能です。


しかし、実績がある方よりも未経験の方は仕事を熟せるという保証がないため、ポートフォリオなどをしっかり作りこむ必要があります。


初めのうちは他のエンジニアの方と差別化するために、依頼料を減らして受注するなど工夫が必要です。


今は実績がなくても、依頼主に「この人なら任せてもいいかな?」と思わせることができれば未経験からでも案件を取ることは可能でしょう。


私の知り合いでも、未経験からフリーランスのエンジニアを始めて案件を受注して毎月稼げている方がいます。


また、未経験ならプログラミングスクールを活用して効率よく学ぶ方法もあります。


何事もまずはチャレンジしてみましょう!


【未経験・初心者向け】Java特化型プログラミングスクールはこちら



最短で案件を取るために必要な物は2つのみ

パソコン

「フリーランスのエンジニアで仕事を取るために何を用意すればいいの?」そう疑問に思う方も多いでしょう。


フリーランスで仕事を獲得するために最低限必要なことは「提案文」「実績/ポートフォリオ」の2つだけです。


それぞれ詳しくみていきましょう。


端的で魅力的な「提案文」

提案文は、自分の魅力を最大限に入れるようにしましょう。しかし、長すぎると読んで欲しい情報が相手に伝わらないので注意が必要です。


・自己紹介

・実績/ポートフォリオ

・経歴

・納期/見積もり/提案内容

・案件への意気込み


提案文には上記の内容で必ず盛り込むようにしましょう。


そして、提案文はテンプレート化せずに、相手の印象や募集内容を汲み取った上で魅力的に映るように文章を考えます。


常に相手目線で繰り返し読むと良いでしょう。この時に音読するとより客観的に見ることができるのでおすすめです。


提案文のボリュームのご参考までに、私はいつも上記の内容で600〜900字程度で提案文をお送りして案件を取っています。


分かりやすい「実績・ポートフォリオ」

案件を獲得するためには、実績やポートフォリオはかかせません。


文章だけでは何ができるのかイメージがつきにくいため、実際に開発したものを見て依頼主が仕事をお願いできるか判断します。


また、実績やポートフォリオは1つだけではなく、3つほど出すと対応範囲が相手に伝わりやすいでしょう。


案件を獲得するための3つのポイント

パソコンと犬

フリーランスのエンジニアとして案件を獲得するためのポイントを3つご紹介します。


常に案件をチェックするように意識する

フリーランスのエンジニア向けの案件は毎日チェックすると良いでしょう。


フリーランスとして良い仕事を貰えるかどうかは案件次第なところもあるので、興味がある案件や条件がいい案件がないか常に探す必要があります。


提案前に募集内容を細かくチェックする

募集内容は何度も読み返すようにしましょう。


しっかり読んでいても細かいところで見逃していることも多く、依頼主からすると「依頼文読んでいないな?」と悪い評価をもらってしまいます。


そのため、しっかりと何度も読み込んで的確な提案文を送るようにしましょう。基本的なことですができていない場合も多く、読み込むだけでも差別化に繋がります。


返信は5分以内を心がけよう

返信の速さは信頼に直結します。依頼主から返信を貰えたら、すぐに返信をするように心がけましょう


返信に時間がかかるような場合は、「本日中に確認して折り返しさせていただきます。」と送るなど依頼主のことを考えた対応をします。


返信は基本的なことですがとても大切です。


また、返信する場合はコミュニケーション回数が増えないように確認事項をまとめるなどちょっとした気遣いも必要になります。


他のエンジニアとの差別化が大切

パソコン

フリーランスのエンジニアとして働く場合は、差別化がとても大切です。


実力だけではなく、コミュニケーション・メールの返信・提案力など自分が持っている全ての力を出して他のエンジニアとの差別化をしましょう。


最初は案件を取るための営業が大変ですが、依頼主に対して真摯に向き合う仕事をしていればきっと仕事は途切れません。


仕事の姿勢や成果物は、良くも悪くも全て自分の評価に直結します。


1つ1つの仕事に対して責任を持って、大切にこなして行きましょう。


「Works」ではエンジニアのフリーランス案件を掲載中

「Works」ではエンジニア向けのフリーランス案件をベンチャー〜大企業の案件まで豊富に扱っております。


キャリアアドバイザーがあなたにぴったりな案件をご紹介させていただきます。


まずは、お気軽にご連絡ください。


「Works」でフリーランスの案件を見る



【著者】

白樺セイ

フリーライターの白樺セイです。元々Webマーケティングの会社でWebディレクターとして働いていました。その経験を生かして、IT業界で働きやすくなるための情報や転職者に役立つ情報を女性目線で発信していきます。