検索

キーワード


【無料で取れる】仕事で役立つIT資格2選:ワンランク上を目指すために

  • 公開日:2020-12-04 17:00:02
  • 最終更新日:2020-12-04 17:04:25
【無料で取れる】仕事で役立つIT資格2選:ワンランク上を目指すために
  • 「資格を取って転職やキャリアアップに繋げたい」
  • 「種類がありすぎて、どの資格が良いかかわからない...」
  • 「無料で取れるおすすめのIT資格はないの?」


こんなお悩みを抱えていませんか?


IT資格は取っておくことで転職を優位に進め、社内での評価にも繋がります。


実際に筆者が勤めていたWebマーケティング会社では、IT系の資格取得をすることが評価の一貫に組み込まれていました。


GoogleやAmazonでも無料で取れる認定資格を出していて、それら資格でも履歴書に書けるなど評価に繋がる場合があります。


今回は、評価につながるIT系の無料資格を実用性やメリットを含めてご紹介します。


スキルアップを考えている方は是非参考にしてみてください。


IT資格を取るメリットは?無料資格でも十分に勉強になる

机で資格の勉強

IT資格を取得すると次のようなメリットがあります。


  • 体系的な知識が得られる
  • 就職や転職で有利に働く
  • 会社からの評価が上がる


それぞれについて詳しく見ていきましょう。


1.体系的な知識が得られる

IT資格を取る時、基礎を始めとした体系的なところを学ぶことができます。


現場で働いていると、仕事を中心に必要なことを適宜覚えていくため、体系的なところまではなかなか学べません。


体系的な部分を知ることによって、応用が効いたり仕事に役立つ知識が増やすことができます。


しかし、IT分野は広いため0から自分で学ぼうとすると、どこから手をつけたら良いか分からなくなってしまいます。

資格勉強をするとカリキュラムや教材の中で「何を勉強すべきか提示してくれる」ので、迷わずに学んでいくことができます


また、資格を取るという目的があるので、なんとなく勉強をするよりも効率が良いでしょう。


2.就職や転職で有利に働く

IT資格があると就職や転職で有利に働くことがあります。


「資格があるから採用される」ということはありませんが、資格を取得していることであなた自身の評価に繋がります。


例えば、転職では、過去の経歴に関わる資格を取得していることでより信用を獲得でき、資格取得による勤勉さもアピールできるでしょう。


IT資格は知識を深められて、自分をアピールする1つの手札にもなります。


筆者自身、ITに関わる資格をいくつか持っていますが、他の人との差別化で大いに役立ちました。


IT資格は取っておいても損はしないでしょう。


3.会社からの評価が上がる

会社によっては、業務に関連する資格を取得すると「自己研鑽」「業務レベルの向上」のような項目で資格を評価してもらえます


資格を取ることで、昇給しやすくなったり、任される仕事の幅が広まることもあるでしょう。


実際に、筆者の知り合いの中にもWebマーケターでしたがシステムエンジニア関係の資格を取得しており、その方面の仕事を任されていました。


会社の中でより活躍する人材になるきっかけになるかもしれません。


【無料の資格なら】Googleの認定資格を取ろう

パソコンの画面

  • Webサイトに関わるなら必要な知識
  • 無料で取れる
  • 履歴書に書ける


無料で取れる資格は数種類ありますが、おすすめはGoogleから出ている認定資格です。


公式から出ている認知度も高い資格なので、履歴書にも書くことができて、知識や技術の保証にも繋がります。


ほとんどのIT企業はGoogleを使用していて、サイト解析ではGoogleの分析ツール「Googleアナリティクス」を使用し、広告配信でも「Google広告」を使っているので、知っておくべき情報です。


もし、IT資格をコスパよく取ろうとしているなら、実務に役立ち周りからの評価もあるGoogleの認定資格を取っておくべきだと言えます。


【無料】役立つおすすめのIT資格2選

パソコンとノート

無料でコスパよく取れて役立つIT資格はこの2つがおすすめです。


  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • Google 広告認定資格


詳しい資格の内容やどんな人に向いているかなど、詳しくご紹介します。


Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

項目詳細
費用無料
問題数70問
問題形式選択式
試験時間90分
合格基準80%以上
勉強時間12時間〜


サイト解析の王道資格。Webマーケティングには必須の知識。


日本の上場企業において約84%が利用しているツールが「Google アナリティクス」です。(DataSign 上場企業が利用しているWebサービスランキング(2018年7月度)より)


Google アナリティクス個人認定資格(略称GAIQ)を取ることで、アナリティクスを実務的に使えることの証明にも繋がります。


サイトに関わる仕事をしていたらアナリティクスの知識があることで、分析力や数字を伸ばすための知識がつくため実務的に活かせます。


実際にアナリティクスを使ってみると、初めてだと機能も専門用語も多すぎてほとんど分かりません。


アナリティクスを体系的に勉強するには資格取得が近道で、最初に体系的に理解しておくと一通り使い方がわかるようになります。


Web担当者はGAIQを取っておくことがおすすめなのです。


また、資格を取るだけではなく、カリキュラムも分かりやすくカリキュラムの章ごとの小テストに受からなければいけないため、少しづつ知識として身に付く実感があります。


無料でカリキュラムの受講と資格を取れるので是非活用しましょう。


内容が濃い分少し難しい資格なので、アナリティクスをほとんど知らない場合は、最低でも12時間以上は勉強時間が必要になります。


Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)


Google 広告認定資格

項目資格の詳細
費用無料
問題数46〜50問
問題形式選択式
試験時間75分
合格基準70〜80%以上
勉強時間12時間〜


広告について勉強するならコレ。専門的な知識がつく


Google広告認定資格には6つの資格があり、広告運用の体系について学ぶことができます。


デジタル広告を学ぶ時なかなか分かりづらいので、カリキュラムが分かりやすくて本当におすすめの資格です。


<種類は6つ>

  • 検索広告
  • ディスプレイ広告
  • ショッピング広告
  • 動画広告
  • アプリ広告
  • Google広告の測定


まずは、一般的な検索広告から勉強していくと良いでしょう。


GAIQと同様に試験内容はやや難しいので、知識がほとんどない場合、勉強時間は12時間以上は必要になるでしょう。


しかし、分かりづらい広告を0から丁寧に学べるので、広告代理店やデジタルマーケティングに関わっている人におすすめのIT資格と言えます。


こちらの資格も、カリキュラムと試験を無料で受けられるのでコスパが良くてオススメです。


Google 広告認定資格


Googleの資格の有効期限は1年間

驚く子供

Googleの認定資格の有効期限は1年間です。


IT業界の情報はとても早く移り変わっていくので、期限が切れたら是非また再受験してみてください。


IT資格はさまざまな種類がありますが、GAIQやGoogle広告の資格は本当に実用的でしかも無料で勉強と試験を受けられるので本当におすすめです。


資格を取ろうとしている方は是非コスパがいいGoogleの認定資格を検討してみてください。


【関連記事】

【2020年】自宅受験できるIT資格おすすめ3選!実務に役立つ資格とは?


【著者】

白樺セイ

フリーライターの白樺セイです。元々Webマーケティングの会社でWebディレクターとして働いていました。その経験を生かして、IT業界で働きやすくなるための情報や転職者に役立つ情報を女性目線で発信していきます。