検索

キーワード


【2020年】自宅受験できるIT資格おすすめ3選!実務に役立つ資格とは?

  • 公開日:2020-12-01 14:50:21
  • 最終更新日:2020-12-03 17:34:43
【2020年】自宅受験できるIT資格おすすめ3選!実務に役立つ資格とは?

  • すぐに資格が欲しい!
  • IT資格を取りたくてもなかなか都合が合わない
  • 試験会場に行くことが面倒だな...

スキルアップのためにIT資格を取ろうと思っても「もう募集が終わっている...」なんてことありませんか?


試験回数が年に1回しかなかったり、試験会場が離れていたり、腰が上がりにくいものです。


すぐに受験できないとどんどんモチベーションも薄れてしまいます。


コロナウイルスが流行っているので長時間知らない人と一緒に受験することも不安です。


そのため、オンラインで資格を取れるweb受験は人気に上がってきています。


また、自宅受験できる資格の中には、無料で受けられて就職や転職に役立つスキルが身につく資格もあるのです。


今回は、自宅からオンライン受験できるおすすめのIT資格を3つご紹介します。


空き時間で資格を取得したい方は是非参考にしてみてください。


自宅受験できるIT資格は少ない

パソコンを打つ

「ITパスポート」や「情報セキュリティマネジメント」など多くの有名なIT資格は、日程や試験会場が決まっている物ばかりです。


自宅受験できて実務に生きる資格となると数はかなり限られてしまいます。


しかし、自宅受験できる分一般的な資格よりも受験料が安く、中には無料でweb受験ができる資格まであります。


在宅勤務で時間がある時は、スキルアップのためにうまくオンライン受験を活用すると良いでしょう。


また、テストセンターでほぼ毎日受けられるIT資格も多くあるので、もしweb受験だけでは物足りない場合はこちらも探してみると勉強になる資格があります。


実は有名な「ITパスポート」もテストセンターからほぼ毎日受験ができるのです。


【自宅で受験できる】IT系資格のおすすめ3選

ベッドの上のパソコン

実務に役立ちかつ自宅からオンライン受験できるIT資格はこの3つです。


  1. ウェブ解析士
  2. AWS 認定
  3. Google公認の認定資格

それぞれの特徴やメリット、web受験料、勉強期間など詳しく見ていきます。


1.「ウェブ解析士」基礎的なWeb解析を学べる

項目資格詳細
種類民間資格
難易度
やや難しい
合格率55.63%(2020年8月)
問題数60問
試験時間60分
費用22,000〜33,000円
勉強時間約1〜2ヶ月
  • アクセス解析や検索順位アップ(SEO)の基礎知識を学べる
  • インターネットから取れる数字の分析方法が分かる
  • データの読み取りができるようになる

「ウェブ解析士」の資格は、サイトのアクセス解析や検索順位アップ(SEO)などの基礎的な知識を学ぶことができるIT資格です。


サイトの売り上げやPVを伸ばしたい方、サイト運用に携わっている方、Webマーケターを目指している方におすすめできます。


「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の難易度に分けた3種類の資格がありますが、ウェブ解析士以外は自宅受験できないので注意しましょう。


ウェブ解析士はWeb業界の経験があるかどうかの前知識によっても学習時間が大きく変化します。


知識がほとんどない方は勉強のために2〜3ヶ月かかる可能性もあります。


認定試験 ウェブ解析士協会


2.「AWS認定」AWSクラウドが学べる

項目資格詳細
種類民間資格
難易度優しい〜難しい
合格率不明
問題数各試験による
試験時間各試験による
費用無料
勉強時間各試験による

  • AWS クラウドの知識が学べる
  • 無料で自宅受験ができる
  • AWSクラウドを使用した問題解決ができる

AWS(アマゾンウェブサービス)は、世界で最も包括的に広い範囲で使われているクラウドプラットフォームです。


クラウドインフラにおいて全世界でAmazonは45%ものシェアを持っています。


日本のIT企業の多くがAWSを使っているため、AWS認定資格を持っていることで客観的なスキルを証明することができます。


IT企業に務める上であっても困らないおすすめのIT資格だと言えるでしょう。


AWS認定資格は、そのAWSが提供している認定資格です。


資格勉強で実務的な知識やすぐに使えるスキルを学ぶことができます。


レベルや役割、専門知識に分けた資格が2020年11月現在12種類用意されているので、気になる方はまずは基礎コースからオンライン受講してみてください。


AWS 認定


3.「Google公認の認定資格」

項目資格詳細
種類民間資格
難易度優しい〜難しい
合格率不明
問題数各試験による
試験時間各試験による
費用無料
勉強時間各試験による

  • アクセス解析の王道資格(アナリティクス個人認定資格)
  • 無料で自宅受験できる
  • カリキュラムが動画でわかりやすい

Google公認の認定資格は、Googleが提供している無料の認定資格です。


カリキュラムは動画と文章でわかりやすく、アクセス解析や広告運用が体系的に無料で学ぶことができます。



履歴書にも書くことができて、実務的な知識があることの客観的な証明にも繋がり、Webマーケターにおすすめの資格です。


Google公認の認定資格の種類は、2020年12月現在10種類の資格が用意されています。


しかし、日本語で受けられる資格は以下の5つなので気をつけましょう。


  1. モバイルサイト認定資格

  2. Google アナリティクス個人認定資格

  3. Google広告認定資格

  4. Google Marketing platform 認定資格

  5. YouTube 認定資格

  6. デジタルワークショップ


Webマーケターでも「Google アナリティクス個人認定資格」「Google広告認定資格」は多くの人が受けている印象があります。


サイト運営において、アナリティクスとGoogle広告の知識はかかせません。


勉強の中で本当に為になる知識ばかり教えてくれます。


筆者自身「Google アナリティクス個人認定資格」を受講していますが、動画でわかりやすく解説してくれるため基礎知識や知らなかった情報を多く勉強できました。

試験を受ける為には、カリキュラムを受講が必須です。


章ごとに小テストがあるので、知識がより身につきやすい特徴があります。


  • Google アナリティクス個人認定資格
  • Google広告認定資格


IT資格の自宅受験で迷ったらまずこの2つを受けておくと良いでしょう。


Google アナリティクス個人認定資格

Google広告認定資格

自宅受験できるIT系資格はGoogle公認の認定資格がおすすめ

パソコンを見る女性

一般的にIT資格と言うと民間の協会が運営しているイメージが強いです。


しかし、最近ではシステムを作っているGoogleやAmazonから無料で受講できる認定資格をたくさん出しているため、資格と一緒により実務的な内容を学ぶことができます。


筆者自身受講していますが、かなり踏み込んだ内容まで勉強できました。


自分のスキルアップのために自宅受験できるIT資格を探しているなら、まずはGoogle公認の認定資格を受けてみてはいかがでしょうか?


【著者】

白樺セイ

フリーライターの白樺セイです。元々Webマーケティングの会社でWebディレクターとして働いていました。その経験を生かして、IT業界で働きやすくなるための情報や転職者に役立つ情報を女性目線で発信していきます。