検索

キーワード


Slackでの作業を効率化! オススメのキーボードショートカットを覚えよう!

  • 公開日:2021-07-21 15:46:20
  • 最終更新日:2021-07-21 15:53:07
Slackでの作業を効率化! オススメのキーボードショートカットを覚えよう!

Slackアイコン

キーボードショートカット

Slackにはコミュニケーションを円滑にするために様々な機能が実装されています。

しかし、便利な機能がSlackにたくさん詰め込まれているため、すべてを把握して使いこなすことはとても大変です。

そのため、この機能を使うためにはどこで操作を行わなければいけないのかを調べてみたり、Slack内の機能を試してみたりしている方がいると思います。

Slackではキーボードショートカットという機能が用意されています。

Windowsで「Ctrl + ・(なかてんキー)」または、Macで「⌘ + ・(なかてんキー)」を押すと、キーボードショートカットのリストを表示できます

キーボードショートカットを利用すると、Slackで用意されている機能にすばやくアクセスすることができます。

この記事では数多くあるキーボードショートカットの中からオススメのものを紹介します。


ショートカットキーボードのリスト表示

Slackのキーボードショートカットを利用するとSlackでの作業効率が大幅に上がります。

キーボードショートカットは 登録されたコマンドを入力することで、様々な機能にアクセスすることができます。

しかし、キーボードショートカットは数多くのコマンドが用意されており、すべてのキーボードショートカットを覚えることは非常に大変です。

Slackではショートカットキーボードをリストで表示することができ、機能とコマンドを確認することができます。


Slackのワークスペースを開き、対応するデバイスで下記のキーボードコマンドを入力するとリストが表示されます。

  • Mac: ⌘+/
  • Windows/Linux: Ctrl+/

キーボードショートカットのリスト


オススメのキーボードショートカット

Slackには非常に数多くのキーボードショートカットが用意されています。

その中からオススメのショートカットを18個紹介します。


Slackの基本

Slackの基本的なアクションにアクセスします。

〇新規メッセージ作成

 Mac: ⌘ N

 Windows/Linux: Ctrl N

新規メッセージのキーボードショートカット


〇ステータスを設定する

 Mac: ⌘ Shift + Y

 Windows/Linux: Ctrl Shift + Y

ステータスのキーボードショートカット


〇左側のサイドバーを表示/非表示にする

 Mac: ⌘ Shift + D

 Windows/Linux: Ctrl Shift + D

サイドバーのキーボードショートカット


検索を開始する

 Mac: ⌘ + G

 Windows/Linux: Ctrl G

検索のキーボードショートカット


ファイルをアップロード

 Mac: ⌘ U

 Windows/Linux: Ctrl U

アップデートのキーボードショートカット


会話とメッセージを移動する

指定した会話に素早く移動します。

〇一つ前の履歴に戻る

 Mac: ⌘ + [

 Windows/Linux: Alt + ←


一つ先の履歴に進む

 Mac: ⌘ ]

 Windows/Linux: Alt + →


ブックマークを表示する

 Mac: ⌘ + Shift + S

 Windows/Linux: Ctrl + Shift + S

ブックマークのキーボードショートカット


〇最新のメッセージに移動する

 Mac: ⌘ J

 Windows/Linux: Ctrl + J



メッセージを未読・既読にする

メッセージを未読・既読に変更できます。

現在の会話のメッセージのすべてを既読にする

 Mac: Esc

 Windows/Linux: Esc


〇すべてのメッセージを既読にする

 Mac: Shift Esc

 Windows/Linux: Shift Esc


未読メッセージ間を移動する

Slackで見逃したメッセージを確認するために全未読画面に移動します。

全未読画面を開く

 Mac: ⌘ Shift + A

 Windows/Linux: Ctrl Shift + A

全未読のキーボードショートカット


ワークスペースを切り替える

Slackで複数のワークスペースを利用しているとき、目的のワークスペースに素早く切り替えることができます。

ワークスペース切り替える

 Mac: ⌘ + [対応するワークスペースのナンバー]

 Windows/Linux: Ctrl [対応するワークスペースのナンバー]

ワークスペースの切り替えのキーボードショートカット


メッセージに対してアクションを実行する

メッセージにフォーカスを合わせ、特定のアクションをすばやく実行できます。

メッセージを共有する

 Mac: S

 Windows/Linux: S


メッセージをピン留め/ピンを外す

 Mac: P

 Windows/Linux: P


メッセージをブックマークに登録/ブックマークから外す

 Mac: A

 Windows/Linux: A


メッセージのリマインダーを作成する

 Mac: M

 Windows/Linux: M


メッセージの書式設定

メッセージフィールド内の書式設定をデフォルトに変更します。

書式設定を元に戻す

 Mac: ⌘ Z

 Windows/Linux: Ctrl Z



まとめ

この記事ではキーボードショートカットについて紹介しました。

キーボードショートカットはSlackでのアクションに素早くアクセスすることができるため、作業の効率化に繋がります。

Slackに実装されている数多くの機能に対応するために、キーボードショートカットはたくさん用意されています。

そのため、すべての機能を覚えて使いこなすことはとても難しいことです。

しかし、ファイルの共有やメッセージのブックマーク、ピン留めなど、普段から使っている機能のキーボードショートカットを覚えるだけでもとても便利になります。

今回紹介したキーボードショートカットは数多くある中のオススメを紹介しました。

ここで紹介したもの以外にもたくさんのキーボードショートカットがあります。

よく使う機能のショートカットキーボードを覚えて作業の効率化を図りましょう!


-関連記事

【Slack初心者の方編】ワークスペース作成から招待、参加までの流れを解説!

【Slack初心者の方編】Slackのチャンネルとは? チャンネルの特徴と作成手順を解説!

【Slack初心者の方編】Slackでメッセージを送信しよう!メンション、スレッド、リマインダーも解説します!



【著者】

松倉祥大

はじめまして。フォワードソフト株式会社の松倉です。
システムエンジニアとして働き始めたのが2020年4月です。経験や知識がない状態で入社した私は、フォワードソフトの教育研修で一からプログラミングの勉強をしました。教育研修を卒業後、Javaのプログラミングについて初学者向けの記事を共同で制作しています。
知識や経験はまだまだですが、これからいろんな職場で様々な経験しながら勉強していきたいと思っています。