検索

キーワード


【Excel】複数条件で判定|AND関数,OR関数を使った条件分岐|IF関数

  • 公開日:2020-09-28 11:49:57
  • 最終更新日:2021-01-25 12:31:10
【Excel】複数条件で判定|AND関数,OR関数を使った条件分岐|IF関数

AND関数、OR関数を使って、IF関数で複数の条件を指定する

こんにちは、新人エンジニアの田口です。

今回は具体的な例を用いてIF関数の活用場面を見ていきます。


主に以下の内容について解説します。

・IF関数で部分一致、完全一致の条件指定を行う

・OR関数

・AND関数


説明にあたって、以下の事柄について知識があることを前提とします。

・IF関数の基本的な書式

・引数など関数に関わる用語


本文中でわからないことがあった場合は以下の記事をご覧ください。

【Excel】自動でセルを判定!条件分岐を行うIF関数の使い方

【Excel】関数入門|数値と文字列の違いや、代表的な関数について解説


AかつBの判定|AND関数を使ったIF関数

複数の条件を全て満たしているかどうかを判定するにはAND関数を使用します。

AND関数は論理積とも呼ばれるいわば論理式の一種で、引数で指定した条件と一致した場合にTRUEを返す関数です。以下のようにカンマで区切ることで3つでも4つでも条件に対応できます。


=AND(条件1,条件2)

=AND(条件1,条件2,条件3…)


仮にセルの値が50以上かつ100以下であるかどうか判定したい場合は以下のように記述します。

=AND(A1>=50,A1<=100)


ここでIF関数の書式を振り返ってみます。

IF関数は引数に、論理式,真の場合,偽の場合の3つを持ちます。

論理式とは、簡単に言えば戻り値にTRUEまたはFALSEを返す数式のことです。

つまり、この論理式部分にAND関数を入力して、複数条件に一致するかどうかの判定を行うことができます。


例)セルの値が50以上100以下なら〇、それ以外の場合×を返すIF関数

=IF(AND(A1>=50,A1<=100),"〇","×")

AND関数を使って複数条件を指定した数式の例


AまたはBの判定|OR関数を使ったIF関数

複数の条件のうち、どれか一つでも満たしているかどうかを判定するにはOR関数を使用します。

OR関数は論理和とも呼ばれるいわば論理式の一種で、引数で指定した条件のうち一つでも一致していた場合にTRUEを返す関数です。以下のようにカンマで区切ることで3つでも4つでも条件に対応できます。


=OR(条件1,条件2)

=OR(条件1,条件2,条件3…)


前述したAND関数の式をOR関数に置き換えてみます。

=OR(A1>=50,A1<=100)

この場合はAND関数とは異なりどちらか一方の条件さえ満たしていればよいため、50以上という条件には一致しないものの、100以下であるという条件は満たしている数値40もTRUE判定になります。


上の条件では言ってしまえばどんな数値でもTRUEになってしまうため、使用例は条件を少し変えます。

例)セルの値が50以下または100以上なら〇、それ以外の場合×を返すIF関数

=IF(OR(A1<=50,A1>=100),"〇","×")

OR関数を使って複数条件を指定した数式の例


その他の活用例

IF関数の様々な使い方について解説しています。


【Excel】IF関数を使って指定した条件で計算する方法

【Excel】条件が3つ以上ある場合のIF関数の作り方について


【著者】

田口

元建築・リフォーム営業のエンジニア。現在はDXの需要に合わせてネットワークやクラウド、セキュリティといったインフラ方面の勉強中。

よく読まれている記事
【Excel】箱ひげ図の見方と作成方法について

【Excel】箱ひげ図の見方と作成方法について

こんにちは。新人エンジニアの前山です。Excel グラフの作り方 ではグラフの作成方法とレイアウトの編集について基本的な事項を解説しました。本記事では、Excelで作成できる箱ひげ図の見方とを作成方法についての解説を行います。箱ひげ図とは箱ひげ図とは、データのバラツキ、どの部分に集中しているかなどを「箱」と「ひげ」を用いてわかりやすく表したものとなります。大量のデータを扱う場合、平均とのみを活用す

【Excel】グラフの作り方、レイアウトの編集方法

【Excel】グラフの作り方、レイアウトの編集方法

こんにちは。新人エンジニアの前山です。本記事では、Excelでのグラフの作り方とタイトルや目盛線、凡例といったよく使用する機能の解説を行います。データテーブルや近似曲線はあまり使用頻度は高くありませんが、ここぞというところで使用すれば、グラフの品質を1段階上げることができます。グラフの作り方1.グラフにしたい表の選択 2.挿入>おすすめグラフのクリック 3.作成するグラフ種類の選択今回は例として集

【Excel】日付処理の活用例 - 前日、翌日の求め方

【Excel】日付処理の活用例 - 前日、翌日の求め方

こんにちは。新人エンジニアの前山です。前回の記事 ではExcelでの日付の取り扱いと基本的な使い方を記載しました。本記事ではその応用として、任意の日付の前日、翌日日付の求め方と関数の紹介をしたいと思います。関連記事: 【Excel】日付処理の活用例 - 指定した日付までの日数の求め方 【Excel】日付処理の活用例 - 月初、月末の求め方前日、翌日の計算方法前日、翌日日付には主に3つの求め方があり

【Excel】日付処理で使用する関数、シリアル値について

【Excel】日付処理で使用する関数、シリアル値について

こんにちは。新人エンジニアの前山です。本記事ではExcelで使用される日付関連の情報をご紹介します。Excel内では日付はシリアル値という数値で管理されており、仕組みを知れば、柔軟な日付計算が可能になります。また、日付には様々な関数が用意されており、翌日前日、期間、月初、月末、営業日などが求められます。日付についての理解を深めれば日々の業務がぐっと楽になります。シリアル値とはシリアル値とは、Exc

【Excel】VLOOKUP関数で「TRUE」を使って近似値検索を行うパターンの動きを確認する

【Excel】VLOOKUP関数で「TRUE」を使って近似値検索を行うパターンの動きを確認する

こんにちは、新人エンジニアの田口です。今回は具体的な例を用いてVLOOKUP関数の活用場面を見ていきます。主に以下の内容について解説します。・VLOOKUP関数を使った検索において、「TRUE」の使用が必要なパターン説明にあたって、以下の事柄について知識があることを前提とします。・VLOOKUP関数の基本的な書式・引数など関数に関わる用語・相対参照、絶対参照の違い本文中でわからないことがあった場合