検索

キーワード


【PHP】演算子について(算術演算子、代入演算子、比較演算子)

  • 公開日:2020-09-18 17:41:00
  • 最終更新日:2021-02-05 18:04:45

演算子

PHPで使える算術演算子、代入演算子、比較演算子について解説していきます。

算術演算子

算術演算子には、加算(+)、減算(-)、乗算(*)、除算(/)、剰余(%)などがあります。

<?php

// 加算
$add = 10 + 2;
echo $add."<br>";

// 減算
$sub = 102;
echo $sub."<br>";

// 乗算
$mult = 10 * 2;
echo $mult."<br>";

// 除算
$div = 10 / 2;
echo $div."<br>";

// 剰余
$sur = 10 % 3;
echo $sur;

?>
12
8
20
5
1


代入演算子

代入演算子は、「=」で表現します。

$num = 5;
echo $num;
5


また、代入演算子のほかに複合演算子があります。 これにより、式の中の値を使用し、その値をその式の結果とすることができます。 例えば、


<?php

$a = 3;
$a += 5;
echo $a;

$b = "Hello ";
$b .= "world!";
echo $b;

?>
8
Hello world!

それぞれの実行結果は、

$a = $a + 5;
$b = $b . "world!";

で書いた場合と同じ結果が出力されます。


比較演算子

比較演算子は2つの変数、あるいは変数とある値が一致しているか、もしくは大小関係を比較する時に使われる演算子です。

$a == $b

型の相互変換をした後で $a$b に等しい時にTRUE。


$a === $b

$a が $b に等しく、および同じ型である場合にTRUE。


$a != $b

型の相互変換をした後で $a が $b に等しくない場合にTRUE。


$a <> $b

型の相互変換をした後で $a が $b に等しくない場合にTRUE。


$a !== $b

$a が $b と等しくないか、同じ型でない場合にTRUE。


$a < $b

$a が $b より少ない時にTRUE。


$a > $b

$a が $b より多い時にTRUE。


$a <= $b

$a が $b より少ないか等しい時にTRUE。


$a >= $b

$a が $b より多いか等しい時にTRUE。


まとめ

算術演算子、代入演算子、比較演算子についてまとめてみました。

プログラミングをするうえで演算子の知識は欠かすことのできないものです。

簡単なプログラムを繰り返し作って、使いこなせるようにしましょう!


【著者】

當山

主にPHPでのフレームワーク開発やWebアプリの開発に携わってきました。 得意分野はHTML5とCSSによるフロントエンド開発。

よく読まれている記事