検索

キーワード


【PHP】数値操作について(abs, round, ceil ,floor ,number_format)

  • 公開日:2020-09-15 18:25:38
  • 最終更新日:2021-02-05 18:00:09

数値

この記事では、PHPでの数値の操作について解説していきます。

数値操作

数値を操作できる関数をまとめて紹介します。

絶対値 abs()

引数の絶対値を返します。

<?php
echo abs(-4.2);
echo abs(5);
echo abs(-5);
?>
4.2
5
5


四捨五入 round()

指定した数値を四捨五入した値を返します。

<?php
$num = 3.14159266535;
echo round($num);
?>
3


切り上げ ceil()

小数点以下の数値を切り上げます。

<?php
$num = 3.14159266535;
echo ceil($num);
?>
4


切り捨て floor()

小数点以下の数値を切り捨てます。

<?php
$num = 3.14159266535;
echo floor($num);
?>
3


カンマ区切り

"1000000"のような数字を3桁ずつカンマで区切ってくれるのが、number_format関数です。

<?php
// 数値を3桁ごとにカンマで区切って出力
echo number_format(1000000);
?>
1,000,000


0埋め

ゼロ埋めとは、数値を表示する際に先頭や末尾に0を付け足す処理のことです。

例えば、

1月1日
12月31日

これを

01月01日
12月31日

と表示させて、見栄えを良くすることができます。

0埋めを行う際は、sprintf関数を使うのがおすすめです。

<?php
echo sprintf("%02d", 1) . "月" . sprintf("%02d", 1) . "日";
echo "12月31日";
?>


まとめ

数値計算や数値の操作についてまとめてみました。

四則演算はプログラミングをする上では必須になってくるので、しっかり覚えましょう!


【著者】

當山

主にPHPでのフレームワーク開発やWebアプリの開発に携わってきました。 得意分野はHTML5とCSSによるフロントエンド開発。

よく読まれている記事