検索

キーワード


【PHP】XAMPPをインストールして、PHPを使ってみよう

  • 公開日:2020-09-14 17:50:30
  • 最終更新日:2021-02-05 17:25:27

PHPについては何となくわかったけど、PHPを使うためには何を用意したら良いのだろう…

ここでは、初心者がPHPを学習するのにぴったりのツールと、インストールの方法をご紹介します。

PHPを使ってみよう

本来Web開発を行うためには、様々なソフトウェアをインストールする必要があります。

今回は学習用としてよく利用することが多い「XAMMP」というツールをご紹介します。

XAMMPの入手

XAMPPはWeb開発に必要なソフトウェアを一括してインストールでき、すぐに開発や運用が開始できるツールです。

まずは公式サイトから、XAMMPをインストールするためのインストーラーをダウンロードしましょう。

公式サイト:https://www.apachefriends.org/jp/index.html

Windows、MacOS、Linuxの3つのOSに対応しているので、自分の使用している環境に合わせてダウンロードしましょう。


XAMMPのインストール

インストーラーをダウンロードできたら、インストーラーを起動しましょう。英語表記ですが、そのまま次へ進んでインストールしましょう。

XAMMPのインストール

インストールが完了したら、チェックボックスにチェックが入っている状態で表示されるので、そのままFinishを押してコントロールパネルを表示させましょう。

XAMMPの起動

XAMMPの起動

こちらがXAMMPのコントロールパネルです。起動したら右側にある「Shell」ボタンをクリックし、コマンドプロンプトを表示させます。


PHPがインストールされているかを確認するために、コンソールに以下のコマンドを入力しましょう。

# php -version

このコマンドを入力することで、インストールされているPHPのバージョンを確認することができます。

PHP 7.4.9 (cli) (built: Aug  4 2020 11:52:41) ( ZTS Visual C++ 2017 x64 )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies

PHPのバージョン7.4.9(2020/08/28現在)がインストールされていることが確認できました。

まとめ

今回はプログラミングの学習用に最適なソフトウェアのXAMMPについてまとめてみました。

インストールするだけで簡単にPHPを利用することができる便利なソフトウェアなので、

これからPHPを学習してみたいという方にはおすすめです!


【著者】

當山

主にPHPでのフレームワーク開発やWebアプリの開発に携わってきました。 得意分野はHTML5とCSSによるフロントエンド開発。

よく読まれている記事