検索

キーワード


【Excel VBA】シート内の行・列番号または、指定セルより行・列を挿入する方法

  • 公開日:2020-08-24 15:43:34
  • 最終更新日:2021-02-15 14:14:33

はじめに

皆様、初めまして。IMMRです。


下記のようなエクセルデータに対して指定したセルの行・列を挿入がしたくなる時があると思います。


図1 ブック(数値が入力されている)

行や列を挿入するサンプルデータ


図2 ブック(図1のブックに対して行の挿入)

行の挿入


図3 ブック(図1のブックに対して列の挿入)

列の挿入


手作業で毎回行うのは、手間がかかります。

VBAで行・列を挿入することでより、作業の手間が省けます。

特に、マクロ実施中に指定したセルの行または、列を挿入することもあると思いますので

ここでは挿入について、説明致します。


1.シート内の行・列番号または、指定セルより行・列を挿入する方法

行・列を挿入する方法は2つあります。

 〇行・列番号より挿入する

 〇指定のセルを選択して挿入する


行を挿入する

全体の行を選択して挿入

Rows("行:行").Insert

任意のセルを選択して挿入

Range("A1等の任意のセル").EntireRow.Insert



列を挿入する

全体の列を選択して挿入

Columns("列:列").Insert

任意のセルを選択して挿入

Range("A1等の任意のセル").EntireColumn.Insert


2.サンプルコード                           (シート内の行・列番号または、指定セルより行・列を挿入する方法)

下記は、シート内の行・列番号または、指定セルより行・列を挿入する方法のサンプルコードです。

5行目で行を挿入したい場合は、

Rows("5:5").Insert

または、

Range("A5").EntireRow.Insert

です。


C列目で列を挿入したい場合は、

Columns("C:C").Insert

または、

Range("C2").EntireColumn.Insert

です。


3.シート内の行・列番号または、指定セルより行・列を挿入する方法の実行

では、上記サンプルコードを用いて、

シート内の行・列番号または、指定セルより行・列を挿入する処理を実行していきます。

下記、データの5行目とC列目に行・列を挿入します。

図4 ブック(数値が入力されている)

行・列を挿入するマクロを実行する前の画面


まずは、全体の行・列を選択して挿入します。

サンプルコード1

Sub TEST9()

    Rows("5:5").Insert
    Columns("C:C").Insert

End Sub


結果は下記になります。

図5 ブック(上記コード1実行後)

行・列を挿入するマクロの実行結果


行・列が挿入されています。


次に指定のセルを選択して行います。

サンプルコード2

Sub TEST9()

    Range("A5").EntireRow.Insert
    Range("C2").EntireColumn.Insert

End Sub


結果は、先ほどと同じになります。

図6 ブック(上記コード2実行後)

セルを選択して行・列を挿入するマクロの実行結果



全体の行・列を選択しても任意のセルを選択しても

同様に指定したセルの行または、列から挿入することが出来ました。


【著者】

Imamura

今まではExcel VBAの開発をしてきました。
開発を主にしたものや他の業務の効率化を目指して行ったものさまざまです。
現在は、他のプログラミング言語に挑戦して、スキルアップを目指しています。

よく読まれている記事