検索

キーワード


【転職活動のすゝめ】Skype面接のあれこれ

  • 公開日:2020-04-07 02:31:06
  • 最終更新日:2020-04-07 02:33:45
【転職活動のすゝめ】Skype面接のあれこれ

こんにちは、人材開発部の秋山です(*'▽')
自社採用や説明会、人材紹介事業など、様々な方の「転職」に携わっている中で、
実際に起こった出来事や質問の中から、「転職をお考えの方に役立つのではないか」と、感じた事をご紹介するコラムをスタート!
ななこさんのトピック同様、色々と発信していければと思っています。

第3回は、【Skype面接のマナーについて!】
新型コロナウィルスの関係で、直接企業へ訪問するタイプの面接の機会は減ってきている中、
一気に増加しているのは、Skype・Zoomなどのオンライン面接。
今回は、弊社でも導入しているSkype面接をピックアップ!

「オンライン選考の時って場所はどこで対応したらいいの?」「服装はどうしたらいいの?」などなど
非常に便利で誰でも使えるツールだからこそ、注意する事や、気になる事もたくさん出てくるかと思いますので、
そんな疑問もこの記事で解決に繋がればと思います。
併せて、実際に私たちが残念ながらお見送りをした方のケースも混ぜながらお話させていただきます。


事前準備編

▼スマホ・PCなどのデバイス

Skypeは、アプリさえダウンロードしていればどんな端末からでも通信が可能です。
iPhoneやAndroid等のスマートフォンはもちろん、PCでもテレビ電話は出来ますので、通信が可能な端末を用意しましょう。
スマートフォンでも、きちんと端末を固定すれば通話は可能であり、画面のサイズや音声などは特に問題にはなりません。
PCは画面も大きく、安定していて相手の担当者の顔なども見やすいですが、マイクやカメラが搭載されているか確認を!
古くても新しくても、種類によってはマイクやwebカメラがなく、別途購入する必要のあるタイプも存在しますので注意しましょう。


▼アカウント作成

Skype面接を受けるためには、Skypeのアプリをダウンロードしてアカウントを作成する必要があります。
既ににアカウントを持っていればそのまま使用出来ますが、持っていない場合はアカウントを作成しておきましょう。
アカウントとは、「電話番号」のようなものであり、これがなければテレビ電話が出来ません。
アプリをダウンロードしただけでは、やり取りが出来ませんので必ずアカウントを作成しておきましょう。
Skypeのアカウント登録は非常に簡単で、無料で登録が可能です。
今後ビジネスで使う可能性もあるので、アカウントは一つ持っておくと便利です。


▼アカウント名

お互いにアカウントを交換しますが、このときアカウント名と画像には注意が必要です。
アカウント名は自由に決められるため、プライベートでも使用している人は、あだ名に設定している事も多いですが、
就職活動・転職活動の際は、誰が見ても分かるような表記を。
フォーマルさが求められるケースが多いので、アカウント名はローマ字表記でも本名に設定しておくのが無難です。
プライベートでもSkypeを使用している場合は、就職活動・転職活動を行っている期間中だけでもアカウント名の変更がオススメ。

また、画像の設定も可能ですが、これもプライベート感の強いものは避けましょう。
悩んだ時は、画像は付けずに初期設定にしておくとよいでしょう。
つぶやきなども空欄にしておいたほうが無難です。

プライベートのアカウント設定を変えたくない時は、
面接用のスカイプIDを作成し、フォーマルなプロフィールを設定しておくのも手段ですね。

▽あると便利なアイテム


※こちらは無いと面接が出来ないわけではありませんが、あるととても便利!それは「マイク付きイヤホン」
こちらを用意しておくと、より快適に通話が出来ます。
スピーカーを通しての会話だと聞きとりにくい事も多く、場合によっては何を話しているのか全く分からない可能性もあります。
通常の面接と同様、質疑応答によって面接が進むため、お互いの声がクリアに聞けるのは重要なポイント。
マイク付きのイヤホンであれば、相手の音をダイレクトに聞くことが出来、自分が話した言葉もマイクで拾いやすくなります。
Amazonや楽天などでも2,000円程度で購入出来ますし、iPhone付属のイヤホンでもマイク機能は付いているので
付属品を使うのもおすすめです。


【Skypeのアカウント設定・準備が整ったら】


▼ネット環境の確認

自宅で行う場合は、場所やパソコンのデータ量がSkype面接に耐えられるのかのチェックを必ず行ってください。
データのやり取りの中で最も通信量がかかるのは、【動画でのやり取り】です。
そのため、ネット環境が不安定だと途中で画像や音声が止まってしまい、面接を中断せざるを得ない状況に。
不安定になりがちなフリーWi-Fiは避け、有線LANケーブル等を使用し、しっかりとしたネット環境を確保しましょう!
もし、自宅に安定したネット環境がない場合は、漫画喫茶・コワーキングスペース等を利用しましょう。


▼お悩み上位の背景とカメラ設定

最近のカメラは性能が良く映像を幅広く取れるようになったため、片付けたつもりの生活用品が見えている可能性があります。
メイキングされていないベッド・干したままの洗濯物・脱ぎ散らかした衣類・食べ残しなどなど…
「業者を入れて完璧な掃除をしましょう」とは言いませんが、散らかっている部屋の様子が見えてしまうと
どんなにきちんとしていても、「本当はだらしない人なのではないか?」と余計な部分で評価が下がってしまいます。
webカメラテストを必ず行い、カメラに入る範囲だけでなく、周囲も片付けておくと安心です!

また、デバイスによって顔映りが暗く映ってしまう事があるので、昼間でも部屋の照明はONにしておきましょう。
背景の色は、白い方が顔も明るく見えますし、清潔な印象を与えます。
なかなか白い背景が難しい時は、余計なものが映らないように無地の壁の近くで対応するのも◎
机を動かし、背景に壁しか映らないようにしておけば、余計なものが映ってしまう心配はありません。
移動が難しい場合は、部屋の隅など余計なものが映らない角度を探しておきましょう。
極力、生活感が出ないように工夫をする事が大切です。

もうひとつ、カメラ設定で注意しておきたいのが、顔の角度!
普段の生活の中でPCやスマートフォンを見る時は、デバイスを低い位置において、画面を見下ろすのが一般的な姿勢です。
しかし、Skype面接を受ける時にもいつも通りやってしまうと…面接官の画面を貴方が見下ろしているように映されてしまい、
何だか威圧的な画面に。見下ろす姿勢だと、背筋も伸びず猫背に見えてしまい、印象が悪くなってしまう恐れもあります。
PCやスマートフォンの画面の角度を下げすぎないように、ご自身の視線とカメラの位置が真っすぐになるように、
デバイスを少し高めの位置に設置してください。
高い位置にすることで、小顔効果も期待出来ますよ!


▼マイクテスト

最近のデバイスは本当に性能が優れているので、「聞こえないだろう」と思っているような遠くの音でも意外と拾います。
普段の生活の中では気にしていないような周囲の音が、通話相手まで聞こえてしまう可能性は十分あります。
室内のTV等はもちろん、ドア・窓を閉め出来るだけ余計な音をシャットダウンします。

洗濯機・乾燥機・炊飯器・ケトルや電子レンジ等、家電の設定にも注意を。
一緒に住んでいるご家族や同居の方がいる場合は、事前に面接予定が入っている事を知らせておきましょう。


▽事前準備が残念だった方の実例


【その1:見えない聞こえない話せない】

「〇月〇日(〇曜日)〇時から」と面接予約を行い、リマインドもOK!いざSkype面接を開始すると…

・音が出ない
・映像が映らない
・音も出ないし、画面も真っ暗

…結構いらっしゃいます。
「音は届いていますか?」「画面映せますか?」等、面接開始から確認を行うと
どんどん選考時間が短くなり、自分の納得のいくお話が出来なかったという方もちらほら。
私たち面接させていただく側の表情だけが画面に映し出され、ひたすらお声がけをしていたことも。
せっかくお互いスケジュールを調整してお話が出来るのですから、事前にカメラ&マイクのテストは行っておきましょう!


【その2:後ろが気になる】

先程も書かせていただいた通り、「業者を入れてピカピカの状態で待っていて欲しい」なんて事は思いません。
自宅で行う際は、普段の生活を行っている都合上、家具・架電や衣類が見えるのは仕方無い事です。
ですが、最低限ゴミはまとめて欲しいし、映らない所へ移動していただければと思います。
また、洋服は畳むか、ハンガーにかけるか、収納していただきたい。
何かカサカサした物体が動いていたり、今にも崩れ落ちそうな不安定に重ねられた本、脱ぎ散らかされている洋服たち…
顔を見てお話をしながらも、気が散る程も背景のインパクト。
「片付けが苦手な人なのかな」「会社の備品も雑に扱うのかな」とお見受けしてしまいます。
カメラ設定をする際には、背景に気になるものがないかどうか、再度ご確認をお願いいたします。


Skype面接実践編


【Skype面接の流れ】

通常の面接であれば、自分が企業に出向き、面接開始となりますが、
Skype面接の場合は両者の通信環境が整わなければ始まりません。面接が開始するまでに、通信トラブル等が発生する可能性も。
面接を開始出来るまでが非常に重要です。開始すれば、通常の面接と大きく違いませんので、開始までの流れを理解し
スムーズに面接に進められるようにしておきましょう!


▼服装はスーツ

面接会場に行くのではないため、非常にラフな私服や部屋着で面接を受ける方もお見受けしますが、
同じ空間にいないだけで、面接には変わりありません。
セットアップでなくとも、上下スーツを着用して面接に臨みましょう。遠距離だからこそ、第一印象がとても大事です。
視覚から良い印象を与えるよう、服装だけでなく髪型・メイク等の身だしなみもしっかり整えてください。
見えないからと言って、上はジャケット・パンツは部屋着のようなチグハグなスタイルは×!
終了時のお辞儀の際や、通話を切る際など、ふとした瞬間に全身が映る事もあるので、気を付けましょう。

▼開始5分前にメッセージを送る

面接時間の調整を行い、アカウントを知っていれば、予定時間の5分前に企業の担当者へメッセージを送り、反応を待ちます。
こちらの準備が整えっている事を知らせましょう。
わずか5分、されど5分。
時間に余裕を持たせる事で、会社側で何かトラブルが発生していた場合や、前の面接の方が長引いてしまった等
急なトラブルに対してもお互いに連携が取れますし、事前にメッセージを送る事で面接に臨む意欲の高さも伝わるため、
好印象で面接を開始出来ます!


▼企業からの着信を受けて面接開始

企業からの着信を受けて面接が開始されます。
予定時間を大幅に過ぎても開始されない場合や、指示があれば別ですが
アカウントを知っているからと言って、くれぐれも求職者側から発信しないようにしましょう。

企業側の面接官の準備等もありますので、着信を待ってください。

「通話中」となった瞬間に、相手の画面に自身の姿が映りますので、表情や姿勢には注意しましょう。
相手に見えていないと思っていたつもりが、ばっちりカメラに写っているということもあります。
着信が来た瞬間に面接はスタートしていると考える事が大切です!

面接がスタートしてからの流れは、通常の面接と基本的には同じです。
既に着席した状態から、面接が始まると考えればイメージしやすいでしょう。
また、企業によっては通信状態の確認を冒頭に行う事もありますので
マイクやカメラの確認を求められればチェックをし、不備があればすぐに申し出ましょう。


▽面接時に残念だった方の実例


【その1:LINEきてますよ】

こちらの画面には映らないので、面接中にネットサーフィンをしたり、
SNSを見ながら対応される方、LINEの通知が止まらない方。
私たちも使うものなので、視線やクリック音・動作で大体分かります。
特にLINEの場合、チャットのように短い文章やスタンプが続々と送信されています。
一度の通知音では終わらず、数回続いて通知音が鳴ってしまう事が想定されます。
面接中に何度も通知音が響いてしまうと、それまでのスムーズな会話に支障が発生します。
通知音の設定もしないという事は「志望度の低い方なのかな」と、感じてしまいました。

マナーモードに設定しただけでは確認不足です。バイブ音も音声の妨げになります。
バイブ音の大きさによっては、声よりも大きく響く事もありますので
Skype面接を始める前は、音量設定とバイブの設定を必ず確認してください。
面接の時は、Skype以外のソフトやウィンドウは閉じておくのが安心です。
「最小化」ではなく「完全に閉じること」
SNSなどは最小化しても新しいメッセージが来る時、通知のポップアップやアラームなどの電子音が聞こえます。
対面でもオンラインでも、面接中は相手に集中しましょう。


【その2:耳に突き刺さるエンターキー】

会社説明や、こちらの質問などを熱心に聞いてくれていたのですが、突如耳に突き刺さる大きな叩き打つ音!
…そうです、キーボードの音です。
パソコンが目の前にあるから、メモは直接パソコンに打ち込んだほうが早いのは分かりますが、
そのタイプ音は、相手に丸聞こえになっています。
自分が思っている以上にタイプ音って、耳に残るものです。
「タイピングの方が早いし、楽」という方も多いと思いますが、タイピングの音が相手に不快感を与えている可能性も。
メモが必要な時は、面倒でも紙に書く事をオススメします。


▼最後に

インターネット環境やカメラ・音声など、事前に準備しておけば避けられるポイントがたくさん!
面接会場に直接赴くよりも、Skype面接は自宅で受けられる事から環境が整っており、リラックスして実力を発揮しやすいとの声も。
集中して臨めば、通常の面接よりも高評価が得られる可能性は高い選考スタイルでもあります。
どんな場面でもトラブルは訪れるので、事前にしっかりイメージをして準備を怠らないように、落ち着いて行動していきましょう!


さぁ、いかがだったでしょうか?
最後までご覧いただき、ありがとうございました!
これをご覧いただく貴方が、より良い環境で活躍出来ますように。


☞弊社が運営中の東京ITカレッジの公式Twitterはこちら
☞採用担当者の公式Twitterはこちら

スクール最新情報、ブログのUPなどのお知らせや、求人情報や社内のオフショットなどを発信中✨
ぜひチェックしてみてください!


【著者】

秋山 知里

1986年生まれ。採用担当専任から、新しくライター業務を兼任する事になりました。
採用関連の事や、ライター業務の中で得た事もアウトプットしていきたいと思うので、初期からの成長も見守っていただければと思っています!
▽備考:千川Beach V・新宿バティオスによくいる/推し:ちあきホイみ様/色は紫が好き/あつ森ライフは継続中