検索

キーワード


【超入門IT講座】OSとは

  • 公開日:2020-01-31 10:48:00
  • 最終更新日:2020-11-13 21:13:44
【超入門IT講座】OSとは

どうもみなさんこんにちは、IT修行中のななこです!

ここでは、IT超初心者の私が知りたい!と思ったことにスポットを当て、「なるほど!」と感じたことをご紹介します!

今回は他のブログ記事でも何度か出ているOSについてお話します✨


1. OSとは?

OSとは?

まず、コンピュータとは様々なハードウェアが連携して動きます!

ディスプレイ、キーボード、マウス、CPU、メモリなどなど。

キーボードを叩けば文字が入力され、

マウスを動かせば画面上のカーソルが動いたり…。

それらの制御など、コンピュータとして使えるようにする役割を担うのがOSです!

OSとは、オペレーションシステムの略。

OSはコンピュータの基本的な機能を提供するソフトウェアで、

基本ソフトウェアとも呼ばれます!


OSはコンピュータ内部のハードウェアや周辺機器の管理、メモリ管理、ファイル管理、

アプリケーションに実行機会を与えるタスク管理を行います✨


IT教授のなるほど!ワンポイントアドバイス

代表的なOSは、現在もっとも広く使われているWindows

グラフィックデザインなどクリエイティブ方面でよく利用されるMacです!


2. ソフトウェアの分類

OSが「基本ソフトウェア」なのがわかったところで…

基本ってことは他にもソフトウェアがあるの?という疑問が浮かびますよね。

ソフトウェアというのは大きく分けると、

システムソフトウェア応用ソフトウェアの2種類があります。


システムソフトウェアには基本ソフトウェアミドルウェアが含まれていて、

応用ソフトウェアとはワープロや表計算などのアプリケーションソフトのことです!


ミドルウェアとは、必要に応じて基本ウェアと応用ソフトウェアの間の橋渡しをするためのソフトウェアのこと。

例えば、データベース管理システムがこのミドルウェアにあたります。

WordやExcelのような応用アプリケーションソフトを動かすためのソフトウェア=ミドルウェア

と思えば、想像しやすいかもしれません✨


ソフトウェアの分類


3. 基本ソフトウェアは3つのプログラムで出来ている!

基本ソフトウェアは3つのプログラムに分けることができます!

・制御プログラム

 OSの中核。ハードウェアを管理して、応用ソフトウェアやミドルウェアなどを

 コンピュータが効率的に利用できるように働くプログラムです!

 具体的にはジョブ管理、タスク管理、記憶管理、データ管理を行います。

 一般的にこのプログラムをカーネルといいます。


・言語処理プログラム(言語プロセッサ)

 JavaやC言語などプログラム言語で書かれたプログラムを、

 コンピュータが理解できる言葉に翻訳するプログラムです!


・サービスプログラム

 コンピュータの機能を補う、補助的なプログラムで、ユーティリティとも呼ばれます!

 例えばファイルの圧縮機能などです。


✨IT教授のなるほど!ワンポイントアドバイス ✨

OSは、広い意味では基本ソフトウェアのことを指しますが、

狭い意味に限定するとOS=制御プログラムという扱いになります。


おわりに

皆さん、いかがだったでしょうか。

OSはコンピュータに欠かせないものだとわかりましたね!

資格などの学習に役立てていただければうれしいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

次回もどうぞお楽しみに✨

よく読まれている記事