検索

キーワード


国家資格〈情報セキュリティマネジメント〉ってどんな資格?

  • 公開日:2020-01-27 12:35:04
  • 最終更新日:2020-11-13 21:10:41
国家資格〈情報セキュリティマネジメント〉ってどんな資格?

どうもみなさんこんにちは、IT修行中のななこです!

ここでは、IT超初心者の私が知りたい!と思ったことにスポットを当て、「なるほど!」と感じたことをご紹介します!

今回はIT初心者におすすめ資格として「情報セキュリティマネジメント」についてお話したいと思います!

どんな資格?どのくらいの難易度?などなど…さっそく見ていきましょう!


1. 情報セキュリティマネジメントとは?

情報セキュリティマネジメントは、ITパスポートなどと同じく「情報処理技術者試験」の12区分の1つの国家資格です!

平成28年(2016年)から始まった新しい情報処理試験なので、ITパスポートと基本情報技術者は知っているけど、

情報セキュリティマネジメントについては名前を聞いたことない方も多いかも…!

情報漏洩やサイバー攻撃などから企業や組織を守るために必要な知識や能力を問われる試験なので、

ITを利活用する側の資格です。


試験を受けるのに制限はありませんので、

ITパスポートを取得した方がさらなるスキルアップを目指して取得したり、

学生の方や企業の情報責任者など、ITエンジニア以外の方も多く受験しているようです。


2. どんな試験内容?

どんな試験内容?


2.1 難易度・合格率

情報処理技術者試験のレベル2に設定されているので、ITパスポートの上位になります!

基本情報技術者もレベル2の設定ですが、

難易度としては情報セキュリティマネジメントの方がはるかに易しいです✨


初年度(平成28年)実施の合格率はなんと88%だとか…!

最近は合格率約50%前後に落ち着いています。


2.2 試験範囲

情報セキュリティ全般、管理、対策、関連法規の4点に加えて、

ストラテジ、マネジメント、テクノロジなどの関連分野が問われます!


午前の試験はセキュリティを中心に知識を問う問題、

午後の試験は中規模の長文をセキュリティ知識を用いて読み解く問題が出題されます。


午前の試験は基本情報技術者やITパスポートと全く同じか、似たような問題も出題されるようなので、

過去問でセキュリティ関連の問題をチェックするのも◎です

午後は知識だけではなく読解力も必要になるので、

過去問を使って練習するのがおすすめです!


2.3 合格点

合格ラインは午前午後ともに6割以上点数を取る必要があります!

6割ぎりぎりにならないように知識を深めて問題演習を進めていきたいですね✨


3. 申し込みから試験本番と結果発表!

3.1 試験日

試験日は年に2回あり、

春:4月の第3日曜日

秋:10月の第3日曜日です。

基本情報技術者の試験と同じですね!

年に2回の貴重な試験なので、勉強のスケジュール管理がとても大切です!


3.2 申し込み日

試験日の約3ヵ月前から受付を開始し、そこから約1ヵ月の間だけ申し込むことができます!

1ヵ月間しか期間がありませんので、ここは注意です!


3.3 試験本番

午前と午後ともにマークシートで答える形式で、時間がどちらとも90分です!

・午前の試験 9:30~11:00 (退室可能時間10:30~10:50)

・午後の試験 12:30~14:00 (退室可能時間13:30~13:50)

午前午後ともに20分前には注意事項等の説明があるため、

それまでには必ず着席しておきます。


3.4 結果発表

合格発表は試験の約1か月後に情報処理推進機構のHPで照会され、

その約2週間後に合格証書が発送されます!

結果発表


おわりに

皆さん、いかがだったでしょうか。

IT技術が進化している今、情報セキュリティマネジメントを勉強することは、

将来必要不可欠な知識を得ることができるので勉強して損はないです!

ITパスポート受験を考えている方も、ぜひこちらの資格も視野に入れてみてください✨

最後まで読んでくださってありがとうございました!

次回もどうぞお楽しみに