検索

キーワード


【IT初心者向け】ITエンジニアにおすすめの資格8選並びに費用も記載済

  • 公開日:2020-01-27 10:50:22
  • 最終更新日:2020-11-13 21:07:31
【IT初心者向け】ITエンジニアにおすすめの資格8選並びに費用も記載済

どうもみなさんこんにちは、IT修行中のななこです!

ここでは、IT超初心者の私が知りたい!と思ったことにスポットを当て、「なるほど!」と感じたことをご紹介します!

職業がITの世界に様々あるように、ITの世界に飛び込んだり活躍する上で役立つ〈資格〉も数多くあります✨

今回は、ITエンジニアにはどんな資格があるの?ということについてまとめてみました!


1. ITエンジニアになるための資格は必要?

単刀直入に言うと、ITエンジニアになるために絶対にこの資格を持つべき!ということはありません。

資格を持たなくてもエンジニアになることはできますから、

資格取得が必須になってくる職業(例えば美容師さん)に比べると、

未経験者から業界を目指すハードルはかなり低いと言えます。

しかし、資格は自分の実力の証明になるもの。

資格を取得すると会社から報酬金が出る場合や、就職や転職活動で有利に働くこともあるほか、

資格の勉強を進める中で体系化された知識やスキルがしっかりと身につくなどなど…

といった点から見ても、取得して損はないです✨

今回はIT未経験者におすすめの資格や、エンジニアとして成長するにあたって

知っておきたい資格などまとめていきたいと思います!


2. ITエンジニアにおすすめの資格8選

ITエンジニアにおすすめの資格8選


2.1 【国家資格】ITパスポート

「ITパスポート」は情報処理技術者試験の1つであり、なんと国家資格です!

ITに関する基礎的な知識を証明するための資格で、

働く人が共通に備えておきたいITの知識が幅広く問われるので、

ITエンジニア以外の職種の方や学生の方も毎年多く受験しています。

情報処理技術者試験の中で最も低いエントリーレベルなので、

IT未経験の方に最もおすすめの資格です✨


また、一般的に資格試験日は1年につき1~2回である場合が多く一発勝負!というイメージが強いですが、

このITパスポート試験には試験日や試験会場の指定が無いのが特徴です!

自分にとって「都合のいい日」に「都合のいい場所」でいつでも受験することができるので、

何度も挑戦しやすいというメリットがあり、こちらもIT未経験者の方にオススメな所以です。

受験料は5,700円(税込)です!


2.2 【国家資格】基本情報技術者

「基本情報技術者」は国家資格である情報処理技術者試験の1つで、

ITパスポートの1つ上のレベルに位置づけられ、ITエンジニアの登竜門といわれています!

ITパスポートは「ITを利用する側」の資格ですが、

基本情報技術者は「IT技術を提供する側」の資格となるので、

IT業界で働くために必要な基本的知識や、情報処理に必要な論理的な考え方を持っているかどうかが問われます。


IT未経験の方でも勉強すれば取得できるのでIT初心者の方におすすめの資格ですが、

内容がちょっと難しいなと感じる方は、まずITパスポートの勉強をして知識を積み上げるのもアリです✨

受験料は5,700円(税込)です!


2.3 【国家資格】応用情報技術者

「応用情報技術者」もまた情報処理技術者試験の1つで、

その名の通り、試験内容も難易度も基本情報技術者の上位に位置する資格です!

受験する人の平均年齢が20歳後半なことから、

エンジニアとして数年キャリアを積んでからこの資格に挑む方が多い傾向にありそうです。

エンジニアとしてワンランク上を目指すならぜひ挑戦したいところですね✨

受験料は5,700円(税込)です!

【国家資格】応用情報技術者


2.4 【国家資格】情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメントは平成28年(2016)から始まった新しい試験で、

ITパスポートの上位資格という位置づけです!

ITに関する知識とともにセキュリティ対策の基礎知識が問われる試験内容になっています。

情報セキュリティはどの企業でも必須で、エンジニア以外の方も受験が奨励されているので、

ITパスポート取得後さらにステップアップを目指す方やIT初心者におすすめです✨

受験料は5,700円(税込)です!


2.5 【ベンダー資格】CCNA / CCNP

「CCNA」はネットワーク関連機器メーカーのシスコシステムズ社が実施しているベンダー資格です!

シスコシステムズ社の製品に関する技術と、基礎的なネットワーク技術も求められます。

CCNAには3年の有効期限があり、その期限内であればその上位資格の「CCNP」を受験できます!

CCNPは8種類に分類されているので、興味を持った分野に特化してコースを選びます。

ネットワークエンジニアを目指す方はぜひ取得したい資格です✨

受験料はCCNAは39,000円+税で、

CCNPは1種類につき約10万~15万円が必要です!


2.6 【ベンダー資格】オラクル認定Javaプログラマ

「オラクル認定Javaプログラマ」はオラクル社が運営する資格試験で、

Javaプログラミングについて知識や能力が問われるベンダー資格です!

難易度が下から順に「Bronze」「Silver」「Gold」の3種あり、

「Bronze」はJavaプログラミング言語を学び始めた方にも目標にできるのでおすすめです。

Javaは世界で最も使用されているプログラミング言語なので、かなり需要の高い資格です✨

受験料はBronzeが13,600円+税

SilverとGoldは26,600円+税です!


2.7 【ベンダー資格】オラクルマスター

「オラクルマスター」はオラクル社製品のデータベースの知識を証明できるベンダー資格です!

「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の4つに分かれ、

最も簡単なBronzeを取得するとSilverを受験することができます。

ビックデータの活用が求められるデータベースエンジニアを目指す方はぜひ取得したい資格です✨

受験料はBronzeの場合は受験する科目が複数あるので合計40,200円+税が必要で、

SilverとGoldは26,600円+税

Platinumは23,800円+税です!

Goldとplatinumは試験とは別に研修が必要で、そこでも別途費用が発生します。


2.8 【ベンダー資格】HTML5プロフェッショナル認定試験

「HTML5プロフェッショナル認定試験」はHTML5CSS3JavaScriptなど、

Web制作に関する知識や技術力を認定する試験で、民間資格です!

Web制作の基礎能力を測るレベル1と、

実用的な能力を測るレベル2の試験内容に分けられています。

Webエンジニアを目指す方やWeb制作に携わる方におすすめの資格です✨

受験料はレベル1と2で各々15,000円+税です!


おわりに

皆さん、いかがだったでしょうか。

様々な資格を見ていきましたが、自分にピッタリの資格はこれだ!エンジニアとして目指したい分野が見つかった!

という気持ちが湧いてきた方も少なくないのではと思います!

IT未経験で何を勉強すればいいかわからない…!という方、まずは基礎の部分を学ぶ事ができる国家資格、

ITパスポートや基本情報技術者の勉強がおすすめですよ✨

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました!

次回もどうぞお楽しみに